代表キーワード :: 海外文学

資料:127件

  • ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ
  • 的な作家たちを幾つか取り上げ、個々の作品に描かれた内容にも具体的に触れながら作風についても述べてみたい。 ロスト・ジェネレーションとはヘミングウェイを評したスタインの言葉であり、失われた世代の意である。第一次大戦戦争に参加した若者たちは、戦争によるショックであら...
  • 550 販売中 2007/11/16
  • 閲覧(2,950)
  • ケルトの神話〜女神と英雄と妖精とを読んで
  • ケルトの神話~女神と英雄と妖精と 井村君江 ケルト神話とはアイルランド、ウエールズのケルト人に伝わる神話群です。ケルトの人々は目に見えない世界や目に見えない種族の存在を信じ、深い関わりを持って生活していました。この本はケルトの人々が伝え残した、様々な神話を集めた...
  • 550 販売中 2007/10/02
  • 閲覧(2,347)
  • 60年代のアメリカ社会と文化
  • 60年代のアメリカ社会と文化 はじめに、「ベトナム反戦運動」・「カウンター・カルチャー」・「アメリカン・ニューシネマ」この3つの言葉について、知らない事だらけなので、まずは、この3つの言葉について調べよう。 ベトナム反戦運動 1960年~75年の北ベトナム・南ベトナム...
  • 550 販売中 2007/07/21
  • 閲覧(6,460)
  • 赤毛のアン
  • 「赤毛のアン」 作:L,M,Montgomery 訳:松本 侑子 集英社文庫 1993年 わたしたちの世代でも知っている人が多いこの「赤毛のアン」は、1908年にカナダで出版された名作である。なぜ、今現在までも名作と語り継がれているのだろうか。それほど人を魅せつける何かがあるのか。...
  • 550 販売中 2007/07/21
  • 閲覧(1,914)
  • ドフトエフスキー「罪と罰」
  • ロシアの文化と社会を考える上で、歴史上の事実と文学は密接な関係にあるということを念頭におきたいと思う。歴史的観念からいうとロシアは歴史が古く、一度モンゴル人に征服されたもののノヴゴロド公国が設立してから現在のロシア連邦に至るまで、諸外国から様々な影響を受けつつ...
  • 550 販売中 2007/07/17
  • 閲覧(4,944) コメント(2)
  • 風刺画・挿絵と文学
  • 風刺画・挿絵と文学 挿絵が生まれ、広く描かれるようになる背景には、どのような社会状況があったのだろうか。挿絵は19世紀に本格的に描かれるようになるが、それ以前は風刺画(サティカル・プリント)の時代であった。 1. 風刺画の流行 風刺画が生まれたのは17世紀のイタリアであ...
  • 550 販売中 2007/02/15
  • 閲覧(3,441)
  • 音楽と著作権
  • デジタル情報としての音楽と著作権 近年、音楽はCDのみでなく、様々な媒体を通して手に入れることができる情報となった。その要因は音楽情報がデジタル化したことにあると思う。アナログのレコードに対して、CDに記録されている情報はオーディオ機器だけでなくパソコンにも取り入れ...
  • 550 販売中 2007/02/15
  • 閲覧(2,053)
  • 黒人社会における生活環境と死 "SOUL GONE HOME"を読んで
  • 立命館大学 人文総合科学基礎講読Ⅰ レポート自体は日本語で書いています。 ※抜粋部分は原文のままです。 この舞台小説は、少々奇妙だとも感じられる一組の親子の関係が、息子の生前と死後とで変化している。 二人の性格や生活環境などの要因を通してなぜそれが起こったのかを...
  • 550 販売中 2007/02/15
  • 閲覧(2,131)
  • エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
  • 「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」 アメリカ文学史において19世紀前半を代表する作家といえばエドガー・アラン・ポーであり、19世紀後半といえばマーク・トウェインであろう。本稿では、先ず両者の作品について概論を述べる。次に代表作を出来...
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(4,649) コメント(5)
  • ネッドケリー
  • ネッドケリーと彼の一味の無法者の話は、オーストラリアの言い伝えの一部になっている。ネッドケリーという男の勇敢さは、ヴィクトリアとニューサウスウェールズの貧しい田舎の間で大きな賞賛を得て、そのような場所では`as game as Ned Kelly´でとても勇敢なという表現が一般的...
  • 550 販売中 2007/01/27
  • 閲覧(5,118)
  • 日本におけるAlice`s Adventures in Wonderland
  • Lewis Carrollの代表作Alice’s Adventures in Wonderlandは、日本でも知らないと言う人を探すほうが難しいほど有名な児童文学である。しかし日本では、Carrollが著した本来の物語の内容があまり知られていないという印象がぬぐえない。Punなどの遊び心に溢れ、イギリスの子供たち...
  • 550 販売中 2007/01/17
  • 閲覧(2,451)
  • エッフェル塔
  • エッフェル塔 エッフェル塔。世界中の誰もが知っていると言えるほど有名だと思う。しかし自分も含めて、エッフェル塔の存在自体は知っていても、その歴史や生い立ちまでを知っている人は少ないのではないかと思う。なぜなら、エッフェル塔について調べていくうちに、エッフェル塔が...
  • 550 販売中 2007/01/06
  • 閲覧(8,417)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告