代表キーワード :: 枕草子

資料:5件

  • 枕草子とは
  • 『枕草子』と清少納言  私は、以前から興味を持っていた清少納言の随筆『枕草子』について調べてみました。この『枕草子』は内容・形式が自由な三百段以上の章段から成る随筆で、清少納言が日々の思いを書き綴った作品です。そのため、清少納言の人柄や性格が随所に見られ、とても..
  • 550 販売中 2011/07/19
  • 閲覧(1,906)
  • 枕草子 日記的章段以外について自由に論じる
  • 『枕草子』には清少納言が出仕した定子皇后周辺の宮廷社会を振り返った日記的章段以外に日常生活や四季の自然を観察した随想的章段(「春はあけぼの」の段はここに分類されるといわれている。)、「虫は」「木の花は」「すさまじきもの」「うつくしきもの」に代表される「ものはづ..
  • 550 販売中 2006/08/13
  • 閲覧(5,010) コメント(1)
  • 枕草子 講義で取り上げられた章段からの考察
  • この講義中で取り上げられた章段の中で私が特に清少納言の人柄を感じることができて興味を持つことができた段を中心に述べていきたい。  まず、二九八段「僧都の君の御乳母のままなど」について述べたい。この段は下男が西京の火事(左馬寮から出火)で家が全焼し、家財道具も持ち..
  • 550 販売中 2006/08/13
  • 閲覧(3,948)
  • 学生アンケートから捉える枕草子
  • 日本文学講読? 課題レポート  授業のまとめ 学生のアンケートより    まず初回に行った「『枕草子』や清少納言について知っていること」というアンケートから、私たちがいかにそれらについて誤解を持っているかを理解することができた。特に私が誤解をしていた点を中心に述べて..
  • 550 販売中 2006/08/13
  • 閲覧(1,615)
  • 枕草子 第八十段 「里にまかでたるに・・・」段
  • 〔章段の概要〕  作者が、里邸に退出していると、殿上人が尋ねてくるのをも、人は穏やかでないうわさを言い立てるようである。しかし、作者は特に何か深い意味があって退出しているわけでもないので、腹も立たない。しかしあまりにも煩わしいので、今度退出したところは、左の中将..
  • 550 販売中 2006/02/09
  • 閲覧(6,396)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告