代表キーワード :: 東洋美術史

資料:1件

  • 「盛期唐三彩」について
  • 唐三彩は、白い素地に金属化合物(酸化鉄・酸化銅・コバルト)を呈色剤とし、酸化鉛を加えた釉薬をかけて低温で焼成したやきものである。唐三彩の素地には一般に白い化粧土が施されており、酸化鉄を主とした場合は褐色、酸化銅は緑色、コバルトは藍・青色に発色する。三彩とは厳密..
  • 550 販売中 2005/12/12
  • 閲覧(2,504) コメント(1)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告