代表キーワード :: 商法

資料:157件

  • 令和5〜6年度 日本大学通信教育部 商法Ⅰ課題1合格リポート
  • 商法Ⅰ 課題1 株主提案権について論じなさい。 〈ポイント〉株主提案権の制度趣旨,議題提案権と議案提案権の区別,株主提案権の行使要件、株主提案権の不当拒絶の効果といった点につき,要領よくまとめていくことが必要である。令和元年改正をもとにした解答をすべきことも指...
  • 550 販売中 2023/07/06
  • 閲覧(579)
  • 令和5〜6年度 日本大学通信教育部 商法Ⅰ 課題2合格リポート
  • 商法1 課題2 法人格否認の法理について論ぜよ。 〈ポイント〉法人格否認の法理の意義,機能,根拠,形骸化事例と濫用事例の区別,法人格否認の法理の効果といった事項ごとに分けて,論じていくことが望まれている。意義・機能を論じる際に,株式会社における株主の有限責任 ...
  • 550 販売中 2023/07/06
  • 閲覧(411)
  • 2022年 商法(手形・小切手法) 第4課題 D評価
  • 1 (1)Aは本件裏書の不連続を理由に、Fへの支払いを拒んでいるが、裏書の連続の意義が問題となる。 これについて、裏書の連続とは、受取人が第一裏書人となり、次いでその被裏書人が第二裏書人というように、裏書が受取人から最後の被裏書人まで間断なく続いており、それぞれの裏書...
  • 550 販売中 2023/01/13
  • 閲覧(619)
  • 2022年 商法(手形・小切手法) 第3課題 C評価
  • 1 まず、Dが16条1項による形式的資格者と認められるかが問題となる。 これについて、まず、有効な裏書は権利移転的効力を有することから、裏書の連続する手形の所持人は、その権利者と推定される(手16条1項・77条1項1号)。法文には「看做す」とあるが、これは推定の意味と解...
  • 550 販売中 2023/01/13
  • 閲覧(433)
  • 2022年 商法(手形・小切手法) 第2課題 C評価
  • 1 そもそも人的抗弁の制限の根拠は、明らかに経済的理由にある。善意の手形取得者が取得に当たって自己の知らない抗弁を債務者によって対抗されることがないと期待できるときにのみ手形の流通は促進されるが、その理論的根拠が争われていた。 手形授受の当事者間では、その当事者...
  • 550 販売中 2023/01/13
  • 閲覧(449)
  • 2022年 商法(手形・小切手法) 第1課題 D評価
  • 満期においてCがAに対し本件手形の支払を求めたところ、A及び甲は、すでに本件手形の振出を取り消したことを理由にこれを拒んだことについて、どちらの主張が認められるべきか。 1 これについて、Aは未成年であるため、制限行為能力者である(民法20条)。一般に意思能力を有しな...
  • 550 販売中 2023/01/13
  • 閲覧(569)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告