代表キーワード :: 商学

資料:103件

  • 商品売買の記帳処理について
  • 商品売買の処理には、分記法・3分法などの方法が存在する。 分記法は商品勘定(資産の勘定)、商品売買益勘定(収益の勘定)の2つに分けて記入する方法です。  販売のつど直ちに売上原価がわかり、商品の売価が売上原価と商品販売益とに区別されるが、仕入値がわからないと販売..
  • 550 販売中 2006/08/02
  • 閲覧(1,170)
  • 今後コンビニはどうするか
  • 核家族が増え、利便性を追求する社会に適応するためにアメリカからそのノウハウを輸入し、生まれたのがコンビニエンスストア(以下コンビニ)である。その利点は営業時間にあり、店舗数が増えるに連れて人気も高まり、我々の生活に欠かせないものとなった。しかし、最近になってシ..
  • 550 販売中 2006/08/01
  • 閲覧(1,789) コメント(20)
  • 「99円ショップ」の急成長
  • 1.はじめに −なぜ九九プラス株式会社を取り上げるのか−  近年、我が国小売業界においては、百貨店、スーパー、コンビニに続く「第四の業態」とも言われる「100円ショップ」が急成長している。100円ショップは、エブリデイロープライス(EDLP)、ワンプライス(全ての商品が同じ..
  • 550 販売中 2006/08/01
  • 閲覧(1,568)
  • 現代の企業経営について
  • 現状の企業を取り巻いている外部における環境が、著しく変化する中で、企業の買収や企業の不祥事などが多く見受けられるようになりました。これは、企業というものが、今までとは比較にならないようなリスクにさらされていることを指し示しています。そのうえ、企業というものは、..
  • 550 販売中 2006/07/19
  • 閲覧(1,523)
  • ブランドの構築についての一考察
  • 日々の消費行動に於いて、意識的であれ、無意識的であれ、ブランドという概念が大きな影響を与えていると考えられる。ブランドはラテン語のBurnedを語源とするものと言われているが、品物に印を付けることは古代ギリシャ時代からも行われており、「陶工のマーク」など品物の産地や..
  • 770 販売中 2006/07/13
  • 閲覧(1,334) コメント(1)
  •   ICタグについて
  • ーICタグのメリット、デメリットー  1.はじめに ICタグは現在、流通業界などでも従来のバーコードの第二世代として注目されている。また、その用途はバーコードの域を超えさらに顧客にとっても企業にとっても利点の多い応用方法があるとされる。しかし、ICタグの普及には..
  • 550 販売中 2006/07/10
  • 閲覧(1,285)
  • 帰属提供とブランディングによるエコロジー行動促進へのマーケティング
  • 1.はじめに  現在、環境破壊は深刻な問題として世界的に認知されている問題である。日本でも93年の環境基本法を筆頭に、環境アセスメント法、家電リサイクル法などを次々と制定し、生産→消費→廃棄の一方通行型経済から循環型経済へとシフトさせるための対策を進めてきた。..
  • 1,320 販売中 2006/07/07
  • 閲覧(1,364)
  • パチスロ業界とBRICs諸国
  • 私は将来、パチンコ・パチスロ業界で働いてみたいと思っている。その理由として、以前私はパチスロを打つ機会が多かったのだが、その時パチスロが非常におもしろく、今度は打つ側ではなく、打つ台を提供する側で働いてみたいと思ったというのが第一の理由だ。また、この業界は今ま..
  • 550 販売中 2006/06/01
  • 閲覧(694)
  • 様々な環境対策と利用法について
  • 近年の、急速な環境保全の多様化と、その空間的な拡大に対応して、環境保全に役立つ商品やサービスの提供が企業では取り組まれていくようになりました。その取り組みとして注目されているのが、エコビジネスと称され呼ばれているものです。このエコビジネスには、社会の経済システ..
  • 550 販売中 2006/05/17
  • 閲覧(1,134)
  • 不良債権に対する引き当て手当てについて
  • 日本銀行が、不良債権問題に対する基本的な考え方についての発表を行い、次いで、金融庁が、総合デフレ対策の一環として、金融再生プログラムを発表しました。その中で言及されているディスカウント・キャッシュ・フロー法について注目を集めていることを考慮して、そのディスカウ..
  • 550 販売中 2006/05/16
  • 閲覧(1,060)
  • 組織再編による活性化について
  • 日本の企業は今、グローバルな競争にさらされており、生き残りをかけての経営戦略が問われ、その資源の有効活用を模索している段階にあります。その一例には、持株会社制度や会社分割制度などが挙げられ、今まで以上に機動的に事業再編を行える環境が整ってきたことで、大企業同士..
  • 550 販売中 2006/05/16
  • 閲覧(914)
  • 商品の有効的な部分分け方法について
  • 消費者への価値を最大化させる事を目的に、商品の区分分けを戦略的に行い、収益の管理単位として商品を考え、小売業とメーカーが共同で行う手法が存在しています。これは、戦略立案から、具体的な戦術まで考案し、それを実施し、検証し修正する活動を根底としており、こういった一..
  • 550 販売中 2006/05/16
  • 閲覧(832)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告