代表キーワード :: 公訴事実

資料:3件

  • 審判の対象論
  • (1)事件の概要 本件は、裁判所が、訴因の変更を促し又はこれを命じないことが審理不尽になるか否か、つまり、裁判所には、312条2項により権限を与えられている、訴因変更命令を出す義務があるか否かが争われた事案である。 この点について最高裁は、裁判所は原則として、自らす..
  • 550 販売中 2006/06/19
  • 閲覧(1,197)
  •   刑事訴訟法 訴因変更
  • 1 本問において、訴因変更を許可することができるか。法が「公訴事実の同一性を害しない限度において」訴因変更を認めている(刑訴法312条1項)ことから、公訴事実の同一性の判断基準が問題となる。 2 この点、審判対象は公訴事実であるとする立場から、訴因の背後に一定の事実..
  • 550 販売中 2006/05/21
  • 閲覧(2,350)
  • 刑事訴訟法 訴因変更の要否
  • 次の場合、訴因変更は必要か? (1)最判昭和46年6月22日(過失犯の訴因)の事例 (2)検察間の共謀共同正犯の起訴に対し、裁判所は訴因の異なる幇助の心証を抱いている場合。  1.小問(1) (1) 本問では、裁判所は業務上過失致死罪における過失の態様につき、起訴状..
  • 550 販売中 2006/05/13
  • 閲覧(2,735)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告