代表キーワード :: 倫理

資料:108件

  • 死刑は廃止すべき
  • 私は、死刑は廃止すべきという考えを強く推します。そしてその理由を三つの考えにまとめて示します。  一点目に、<グローバル的な考えを決して無視できない>という考えです。1989年国連総会で死刑廃止条約が採択され、以後、<国家権力によるものだとしても死刑で国民の生..
  • 550 販売中 2005/12/27
  • 閲覧(2,072) コメント(4)
  • 人の生き方について
  • 私は「人がヒトとして生きていくために必要なもの」について考えてみた。ただぼんくらに生活するだけならば、水と食料など生活に最低限のものがあれば問題ないだろうが、それではとてもヒトとして生きているとは言い難い。人間が社会的動物と呼ばれるのにふさわしく生きるのには何..
  • 550 販売中 2005/12/10
  • 閲覧(748) コメント(1)
  • 命あるものの意味について―副題;生きると言うこと
  • Reno1  生命倫理学(総合科目)を受講して最初の半期が経過した。どれも中身が濃く重い内容のもので、じっくりと考察させられた。今までにこのような重い内容に触れたことがなかったのでそう言った意味で、新鮮な新たな知識が得られるものだったことを述べておこう。  まず、この..
  • 550 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(1,703)
  • マスコミはいのちの現場をどう伝えたか
  • Reno1 「いのち」を巡る価値観の衝突 ・臓器移植、安楽死、クローン、ES細胞、遺伝子診断など・・・、すでに存在する人間(いのち)の利益のための行為が他者の利益を侵害することがある。例としては臓器移植、存在する人間を脳死と判断するとして、それが互いの利害関係を産む。..
  • 550 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(812) コメント(1)
  • 遺伝子の希望と危険性、人工生殖、体をめぐる医療
  • <遺伝子の希望と危険性、人工生殖、体をめぐる医療> 主な単語;クローン、ES細胞、遺伝子情報、ヒトノゲノムの前塩基配列解読、臓器売買 <幹細胞の代表的なもの> ・ 受精した胚(受精卵)から取りだした「胚性幹細胞」(ES細胞=Embryonic Stem Cell)  ・ 胎盤や成人の..
  • 2,200 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(1,398)
  • デス・エデューション(命の教育を考える)
  • 最近急増しつつある自殺には様々な背景がある。その中の一つに最近、顕著に見られるようになったネット自殺がある。ネット上で知り合った人達が誘い合わせて心中することだ。このネット自殺が、全国で多発している。何故見知らぬ者同士で心中するのか、自殺を押しとどめる有効な手..
  • 550 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(864)
  • 医療の中の命
  • 医療の中の命、私たちは医療という行為と共に生きている。病気になれば病院に行き薬をもらう。重大な以上ならば入院し完治まで治療を受け続ける。その中で、生きるということは何かということに直面する。数多くある事例の中の一つに触れてみた。  現代の進んだ医学では臓器移植に..
  • 550 販売中 2005/11/15
  • 閲覧(896)
  • 青年期の理想と現実
  • 青年期とは新明解国語辞典によると「人を年齢によって分けた区分の一つ。普通20歳から30歳後半までの人を指す。」とあり、広辞苑によれば「男女の14、5歳から24、5歳頃までの時期。性的性徴が顕著となり、自我意識が著しく発達する。」とある。つまり日本語の権威でさえ..
  • 550 販売中 2005/08/09
  • 閲覧(1,379)
  • 映画から見る現実の青年期
  • 青春、青年、綿血という言葉は生活、成長していく上たびたび耳にすることがあります。しかし実際青春とは何か、青年期とは何かと深く考えたことはあまりありませんでした。そこで2本の映画を通して現在の青年期について考察していくことにしました。参考にする映画は「グッドウィ..
  • 550 販売中 2005/08/09
  • 閲覧(2,411)
  • エロースについてのプラトン的解釈と現代的考察
  • エロースとは何か。それは愛の神である。では、愛とは何か。 現代において使われる「愛」と言う言葉は、ここで語るものとはその性質を異にしている。我々が普段、愛する者、例えば恋人であったり家族であったりといった者に感じる「愛」は精神と同時に肉体をも欲するものであると..
  • 550 販売中 2005/07/20
  • 閲覧(3,223) コメント(3)
  • Language does not make things clear. Instead, it creates confusion
  • Most common way of communication is use of “language”. We speak or write “language” to communicate with each other. We tell our feelings using language. I think “language” is a necessary for our human life. However, “language” often does not make thing..
  • 550 販売中 2005/07/19
  • 閲覧(458)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告