代表キーワード :: ケルダール法

資料:2件

  • たんぱく質の定量(ケルダール法)
  • 1.目的・原理 【目的】 ケルダール法を用いて試料(玉露茶葉)のたんぱく質の定量を行う。 実験結果と試料の成分表示値を比較する。  【原理】 試料(食品など)に過剰の濃H2SO4を加えて加熱分解すると、分解と同時に酸化還元反応がおこり、たんぱく質などに含まれる窒素..
  • 550 販売中 2006/07/11
  • 閲覧(27,366)
  • ケルダール法によるたんぱく質の定量
  • ◎ケルダール法を用いて試料(チキンラーメン・ウインナーソーセージ)のたんぱく質量を求める ◎実験結果と試料の成分表示値との比較 方法1 0.1N(0.1mol/l)-NaOHのFの決定 ?0.1N(0.05mol/l)H2SO4(F=1.003)10ml(ホールピペット)を三角フラスコ(100ml容)にとった..
  • 550 販売中 2005/06/19
  • 閲覧(7,463) コメント(17)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告