東京理科大学 2020年度 2年次一般化学実験 9.易融(低沸点)合金とキレート滴定による組成分析 レポート S判定

閲覧数424
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 14ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年度版の2年次一般化学実験でSを取ったレポートです。 本レポートを参考に自身の記述を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。 ※内容の丸写しは絶対にお控えください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    0
    一般化学実験結果報告書
    題目 9.易融(低沸点)合金の調製とキレート滴定による組成分析
    提出者氏名
    科 組
    学籍番号
    配信日 令和 2年 8月 5日
    提出日 令和 2年 8月 8日
    評点
    1. 要旨
    鉛、ビスマス、スズをそれぞれ 4.99 g、10.01 g、5.02 g(約 1:2:1)で混合して合
    1
    金を作成したところ、その収率は 94.1%となった。次にこの合金の融点を測定すると
    95℃となった。そして滴定に用いる EDTA溶液の濃度を求め(0.0100 mol/L)、合金 1.5369
    g を溶かし 250 mLにメスアップした試料溶液のうち 5.00 mLをキレート滴定により組
    成を調べた。するとビスマスの濃度は 、鉛の濃度は
    と分
    かった。また試料溶液 5.00 mL に含まれる鉛、ビスマス、スズの質量はそれぞれ
    g,
    ,
    となった。この値から合金の質量比を求め
    たところ鉛:ビスマス:スズ=1.00:1.83:1.09 という結果が得られた。
    2. 目的
    鉛、ビスマス、スズを1:2:1で溶融混合して昜融(低融点)合金の一つであるダル
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。