資料:4件

  • 物権総論 基本事項のまとめレポート
  • 1.「物権」とは 民法は総則に続き、物権について規定しています。物権とは、人が物を直接的かつ排他的に支配する権利をいいます。 直接性とは、権利の実現に他の者の行為を必要としないことをいいます。たとえば、所有権に基づいて土地を使用収益する場合、他人の協力がなけれ..
  • 550 販売中 2006/08/21
  • 閲覧(1,097)
  • 民法;遺産分割と登記
  • 1.問題 Aの嫡出子であるBとCが相続開始の直後である6月13日に持分を2分の1ずつとする相続登記を行った。8月13日になってBとCの間の遺産分割協議が調い、問題の土地はBの単独所有とすることが決まったとする。Cが自己の持分をXに譲渡し、持分権移転登記を完了した場合のBとXとの..
  • 550 販売中 2005/06/27
  • 閲覧(1,042)
  • 民法:短期賃貸借
  • 賃借人たるCは抵当権者たるBに賃貸借を対抗するために、短期賃貸借の保護(395条)を主張することが考えられる。 短期賃貸借による保護が認められるためには、?賃貸借の期間が602条に定める期間を超えないこと(建物は3年)、?賃貸借について「登記」があることを要する..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,195)
  • 民法:物権的請求権
  • 物権的請求権とは、物権に基づいて妨害の排除・予防または目的物の返還を請求しうる権利である。 この物権的請求権は、明文はないものの、物権が物を直接的かつ排他的に支配する権利であり、物権の円満な支配状態が侵害された場合には、これを回復するために当然に認められるべき..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,491)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?