資料:6件

  • 時効(司法試験過去問を素材に)
  • 時効(司法試験過去問を素材に)  Aは、Bに対して貸金債権を有していたが、Bが倒産して所在不明となったので、その所在を探しているうちに消滅時 効期間が経過した。その後、Aが保証人Cに対して保証債務の履行を求めたところ、Cが弁済した。Cは、Bの所在が判 明した後、..
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(776)
  • 援用権者の範囲
  • 援用権者の範囲について  1 総説  Ex.Bの主債務は 10 年が経過(消滅時効にかかっている)、Cの保証債務は 7 年が経過した。  保証債務の時効が完成していない場合、Cは主債務の時効を援用することができるか。時効の援用権者は 「当事者」(145 条)に限られているところ、..
  • 550 販売中 2007/02/14
  • 閲覧(1,353)
  • 民法;時効総説
  • 時効制度とは、一定の事実関係が永続する場合に、それが真実の権利関係と一致するか否かを問わず、そのまま権利関係として認めようとする制度をいう。 時効制度の趣旨は、長期にわたって継続した事実状態を、法律上も尊重することによって、社会の法律関係全体の安定を図ること、..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(898)
  • 民法:時効の中断
  • 時効が中断するには、民法147 条で定める時効中断事由(a請求、b差押・仮差押・仮処分、c承認)が必要である。 このうち、a請求、b差押・仮差押・仮処分とは基本的には権利者が裁判所に訴えて、裁判所に権利の存在を確認してもらうことである。例えば貸金返還請求訴訟を提起する(請..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,971)
  • 民法:時効完成後の自認行為
  • (1)B がA に支払いを勧告した飲み代は一年以上前のものであり、短期消滅時効にかかっている。 (2)この点、時効完成を知って債務の存在を前提とする行為(自認行為)をなした場合は黙示的な時効利益の放棄にあたり、もはや時効は援用できない。 (3)それでは、本件のごとく、時効完成..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(2,240)
  • 民法:時効の援用
  • 2002 年4 月1 日の時点において、丙に対する乙の債権は、その債権を行使しうる時、すなわち履行期である1992 年3 月1 日から10 年以上、履行請求のないまま経過したことによって、時効によって消滅したものということができる(166 条1 項、167 条1 項)。 ただし、時効の完成につ..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(2,726)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?