資料:14件

  • 信教の自由
  • 本判決以前に政教分離違反かどうかが争われたものとして、津地鎮祭事件最高裁判決(最大判昭和52年7月13日)がある。この点、本判決は津地鎮祭事件最高裁判決の目的効果基準を用いているが、その判断において差異はないだろうか。本判決が従来の判例の枠内かどうかが問題とな..
  • 550 販売中 2005/06/03
  • 閲覧(2,191)
  • 法の下の平等
  • 本判決においては、多数意見も反対意見も、差別の合理性の有無を違憲判断の基準としている点で共通するが、その判断のために適用した憲法の規定が異なっている。すなわち、多数意見は憲法24条1項を根拠とする法律婚主義という観点から、非嫡出子の相続分差別の合理性を判断し、..
  • 550 販売中 2005/06/03
  • 閲覧(1,644)
  • 外国人の人権享有主体性
  • それでは、外国人に本件で問題となった地方選挙の選挙権・被選挙権が保障されるか。 この問題については学説上、禁止説・要請説・許容説の三つが存在している。 まず、禁止説は、参政権はその性質上、外国人に保障されない権利の代表例であるとし、その論拠を国民主権原理に求め..
  • 550 販売中 2005/06/03
  • 閲覧(2,865) コメント(4)
  • 在監者の人権
  • 在監者の人権制約は憲法上、いかなる根拠に基づくか。思うに、憲法は在監関係の存在とその自律性を憲法秩序の構成要素として認めている(憲法18 条、31 条、34 条)。そうであるならば、憲法はかかる目的を達成するためこれを根拠として人権制約を認めていると考えられる。したがっ..
  • 550 販売中 2005/06/03
  • 閲覧(1,520) コメント(1)
  • 地租改正はなぜなされたのか
  • 2 (1) まず、石高制の矛盾である。近世社会の石高制においては、検地によって石高を出し、それによって生産力を把握した上で課税するという方式がとられていた。しかし、災害、土地利用の変遷などから、生産力は常に一定ではない。よって、適正な税が取れなかった。この点、定期的..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,658)
  • 憲法・民法・刑法の編纂における歴史的考察
  • <刑法典の編纂> 明治政府はまとまった刑法典を作ろうとしたが、当時ヨーロッパの刑法典をきちんと訳せる人がいなかったため、明や清の「律」をもとに作るしかなかった。 律の中では、唐時代の「開元25年律」がもっともまとまっているとされる。 ただし、唐の時代であることから..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(2,698) コメント(2)
  • 憲法9条の解釈、首相公選制について
  • 自衛のための必要最小限度の実力という概念が先にきて、それは憲法の戦力ではないと解釈しているのである。さらに、自衛のための必要最小限度の実力か否かの基準は一定普遍ではなく、その時々の国際情勢によって変わりうるものと考えている。したがって、政府は、自衛隊は軍隊では..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,074) コメント(1)
  • 憲法9条と有事法制について
  • 平和主義原理の中核は「平和的生存権」であり、これは日本国憲法前文にある「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」という文言から導かれる。この中の「恐怖」というのは、この憲法が、第二次世界大戦の惨劇の..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,278) コメント(18)
  • 第81回法学会大会レポート
  • 人権に関する意識、感覚とは一体何なのか、また、憲法施行から半世紀以上をむかえているが、まだ人権の意識が低いと評価されているが、人権の意識が国民に根付くというのは一体どういうことなのか
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(922) コメント(12)
  • 天皇号の成立について
  • 「古事記」や「日本書紀」によると、神武天皇以下すべての天皇が「天皇」号で呼称されている。しかし、天皇号で呼ばれるようになった時期についての説は二つに大別される。 一つは七世紀はじめの推古朝(五九三年〜六二八年)からとする説で、もう一つは天武朝(六七二年〜六八六年)..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(4,079) コメント(2)
  • 首相の靖国参拝は憲法違反か
  • 今回の問題を考察する前に、同様に政教分離の原則が問題となった事例がある。まず、津地鎮祭事件*1は三重県津市の市長が、公共施設の建設起工式を神式の地鎮祭として実施し、その費用に公金を充てたことについて、政教分離の原則に反するとして市議会員が市長に損害賠償を請求した..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(1,728) コメント(26)
  • 「環境権」についての考察
  • 1.環境権がはじめて提唱されたのは1960 年代後半のことで、「環境に関する市民の権利」として、アメリカミシガン大学のサックス教授によって提唱された。サックス教授は、環境権を市民が快適な環境を享受できる権利として位置づけるだけではなく、環境破壊のおそれがある場合には、..
  • 550 販売中 2005/05/21
  • 閲覧(2,687) コメント(17)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?