一緒に購入された資料 :: 訴訟物論争について

資料:5件

  • 請求権競合
  • 設問1 交通事故により意識不明のままA病院に搬送されたBは、当直医Cの医療過誤によって後遺症に苦しんでいるため、不法行為を理由として損害賠償を請求した。これに対し、AはCの過失によりBの主張どおりの障害が発生していることについて争わなかったが、過誤のときから3年が経過...
  • 550 販売中 2005/07/01
  • 閲覧(3,248)
  • 手形の偽造者の責任
  • (本文) まず手形の偽造とはなにかというと、一般に権限なくして他人の名義の署名をもって、手形行為の外形を作り出すことである。他人とは実在人でもよいし、仮設人でも問わない。また手形偽造の方法は新しく偽造手形を作り出すのと、既存の手形の真正な署名を他の名義に改変し...
  • 550 販売中 2005/12/02
  • 閲覧(4,629)
  • 設立中の会社と発起人の権限
  • 問題)B株式会社が設立中に、発起人であったAが行った行為に関し次の問いに答えよ。 (1)Aは、B社のためにCから設立のための事務所用の不動産賃貸借契約を締結した。B会社の設立登記がなされた後、賃借料が未払いの場合に、Cは誰に対して請求できるか。 (2)Aが開業...
  • 550 販売中 2005/07/15
  • 閲覧(3,550)
  • 株式譲渡
  • 1 株式会社においては、株主が自由にその株式を他人に譲渡できることが原則とされている(旧204条1項/新127条)。 株式会社は社会に散在する大衆資本を結集し、大規模経営をなすことを目的としており、出資を促進するため、株主は出資額の限度でのみ責任を負うという間接...
  • 550 販売中 2005/11/10
  • 閲覧(1,813)
  • 商法(会社法)第1課題
  • 商法(会社法)第1課題 会社の権利能力論について、会社の定款の目的との関係、そしてその企業の社会的責任との関係を、論述しなさい。 会社は、法人とされる(3条)。法人であることの意味は、法人の名で権利義務の主体となれることである。会社と第3者との関係においても会社対会...
  • 550 販売中 2011/09/27
  • 閲覧(1,633)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?