一緒に購入された資料 :: 民法:錯誤

資料:3件

  •   動機の錯誤
  • (1)動機と意思を区別すべきか 動機と意思は区別するべきでないと考える。 なぜなら、動機と意思は、理論的には峻別できるものであるかもしれないが、現実的に考えるとその区別は必ずしも明瞭ではない。また、通常取引をする際に何が動機で何が内心効果意思であるかどうかを認識..
  • 550 販売中 2006/06/23
  • 閲覧(1,577)
  • 高評価 民法Ⅰ分冊1 失踪宣告の取り消しとそ効果について論じなさい
  • 従来の住所または居所を去って長期間が経過し、容易に帰ってくる見込みのないものを不在者という。こうしたものがいてこれをそのまま放置することは、本人の利益のためにも、また推定相続人などの利害関係のためにも、さらには国民経済のためにも好ましいものではない。そこで、民..
  • 550 販売中 2009/10/06
  • 閲覧(427)
  • 動機の錯誤をめぐる諸見解
  • 1.  法律行為論の伝統的見解のもとでは,民法 95 条が錯誤無効の要件とする「要素の錯誤」 に「動機の錯誤」は含まれない。これは,そもそも,「錯誤」が,「表示行為に対応する効 果意思が存在せず,かつ表意者自身がこれを知らないこと」と定義されるため,「表示行為」 と一..
  • 550 販売中 2008/08/10
  • 閲覧(1,661)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?