連関資料 :: 民法;動機の錯誤

資料:585件

  • 動機錯誤
  • 内心的効果意思の形成過程である動機錯誤があるに過ぎない(動機錯誤)ので、95条の「錯誤」に当たらないのではないか、問題になる。 イ、ここで、95条における「錯誤」とは、表意者の内心的効果意思と表示に不一致があり、その不一致について表意者自身が知らないことをいうとする説がある。
  • レポート 法学 動機の錯誤 内心的効果意思 意思表示 重過失
  • 550 販売中 637669/04/06
  • 閲覧(1,202)
  • 民法94条2項の類推適用について
  • <通謀虚偽表示-民法94 条-> 通謀虚偽表示とは相手方と通謀して内心的効果意思と異なる意思表示をすることをいう。これは、心裡留保・錯誤と同じく、表示行為に対応した効果意思が存在していないという意味で、意思の欠缺の一形態である。(意思表示をした人自身が真意に反することを知ってい
  • レポート 法学 民法 民法94条 民法94条2項
  • 550 販売中 637345/09/19
  • 閲覧(4,611)
  • 民法94条の考察および時効学説について
  • 民法94 条は「通謀虚偽表示」についての規定である。通謀虚偽表示とは、相手方としめし合わせて内心的効果意思とことなる意思表示をすることをいう。これは心裡留保(93 条)や錯誤(95 条)と同じく、表示行為に対応した効果意思が存在しないという意味で、意思の欠の一形態である。意思表示
  • レポート 法学 民法 時効学説 民法94条
  • 550 販売中 637345/09/10
  • 閲覧(2,472)
  • 問題演習 錯誤
  • 、実際には本件土地は歴史上重要な遺跡が埋蔵されており住宅を建築しうる状態になかった。そこで、この点、Aは錯誤を理由に交換契約の無効を主張しうるかが問題になる。 そもそも、錯誤は意思表示の形成過程に表意者の主観と現実と食い違いがあるため、表示と真意との不一致を生じている場合をいう。
  • レポート 法学 民法 総則 錯誤
  • 550 販売中 637662/04/06
  • 閲覧(487)
  • 方法の錯誤と不作為犯
  • この考えだと軽微な錯誤の範囲までをいちいち問題とするため、故意を認めることが狭くなり刑法の保護法益機能を没却する。 思うに、故意責任の本質は、犯罪事実を表象し、反対動機が形成可能であるにもかかわらず、あえて犯罪行為に出た点に、行為者の反規範的人格態度が認められるところにある。そし
  • レポート 法学 刑法 総論 方法の錯誤 不作為犯
  • 550 販売中 637659/04/13
  • 閲覧(838)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?