資料:7件

  • 家族法 離婚と財産分与
  • 次の問題について検討しなさい。 1 Bは、夫Aとの生活に耐えられないとして、何もいらないから離婚だけはしてくれと頼み、協議離婚をした。後に友達からのアドバイスもあり、Aに財産分与と慰謝料の請求をした。この請求は認められるか。Bが耐えられないとして理由がAのBに対する暴..
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(2,204)
  • 人工授精・代理母
  • 本文一部 1 Bは夫Cの承諾を得て、第三者提供の精子による人工授精を受けて、Aを出産した。AはCと似ていなかったために、Cはあまり愛情がわかなかった。このことが原因でB・Cは別居するにいたっている。この場合、CはAが自分の子ではないと争うことができるか。 2 B・C夫婦は、..
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(2,094)
  • 民法物権 先取特権と物上代位
  • 問題  Aは自動車をBに100万円で売却した。BはAに代金100万円を支払っていないにもかかわらず、自動車を110万円でCに転売した。BはCに対して有している転売代金債権をYに譲渡し、Cに対して確定日付ある証書による通知をした。その後で、Aが転売代金債権を差し押さえた。AはYに対し..
  • 550 販売中 2005/11/05
  • 閲覧(3,157)
  • 現代契約法/非代替的財の契約
  • 問1  大手建築会社Aは、ロボットの操作を主とした画期的建築方法を開発し、その工程をプログラム化するため、コンピュータソフト会社Bにソフトの開発を依頼した。そのような高度なソフトを作成する能力を持つ者はBに雇用されている技術者Cしかいない。諸君がAの法務担当者である..
  • 550 販売中 2005/07/29
  • 閲覧(873) コメント(13)
  • 不法行為
  • 東南アジアの甲国から就労目的ながら観光ビザでわが刻に入国したA女は、B社に雇われ、在留期間を超えた後も、同社の経営するキャバレーでホステスとして約2年間働いていた。日本人女性の平均賃金には及ばなかったものの、祖国甲国の男性の平均賃金の数倍を稼いでいた。深夜、仕事を..
  • 550 販売中 2005/06/09
  • 閲覧(1,505) コメント(14)
  • 最高裁平成8年9月27日第2小法廷判決
  • 連帯保証債務の物上保証人に対する抵当権の実行と主債務の消滅時効について 最高裁平成8年9月27日第2小法廷判決 1、事実の概要  住宅ローン融資を業とするXは、Aが販売するまたは仲介する不動産を購入する客とのあいだに住宅ローン取引を行ってきた。Aは、これらの客がXに対..
  • 550 販売中 2005/04/13
  • 閲覧(1,683) コメント(11)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?