資料:23件

  • 共同被告人と自白・補強法則
  • 本文一部  甲と乙は、共同してX倉庫に侵入して商品を窃取したとの事実により起訴され、併合審理されている。  捜査段階において、甲は共同反抗の事実を否認していたが、乙は犯行を認めていたところ、公判においては、甲、乙ともに共同犯行を否認した。 1 他には証拠
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,736)
  • 外国人が関わった場合の手続き
  • 刑事法総合演習?(刑事訴訟法) 1 司法警察員甲・乙は、日本語を理解できない外国人に対する覚せい剤取締法違反被疑事実の逮捕状を所持し、平成17年12月10日午後5時ごろA方に赴き、同所でAに上記逮捕状(翻訳文の添付なし)を提示して逮捕した。甲・乙は、上記逮捕
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,229)
  • DNA鑑定書の証拠能力
  • 問題  被告人Xは、わいせつ目的誘拐および殺人の訴因で起訴されている。  平成17年12月某日、行方不明となっていた未修学女児(当時5歳)の死体が河川敷で発見された。付近に投棄されていた同児の半袖下着に精液が付着していた。司法警察員は、捜査を続ける中で、X
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,992) コメント(1)
  • 違法な先行手続とそれに基づく証拠物の証拠能力、証拠開示
  • 刑事法総合演習?(刑事訴訟法) 1 以下の事案について (1) 逮捕当日に採取された被告人の尿 (2) その尿についてされた鑑定書 (3) その鑑定書を疎明資料として発付された捜索差押許可状によって押収された覚せい剤 の証拠能力について述べよ。 事
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,204)
  • 文書概念、名義人承諾と私文書偽造罪
  • 参考判例  最高裁平成6年11月29日第三小法廷決定(刑集48巻7号453頁、86事件)  最高裁昭和56年4月8日第二小法廷決定(刑集35巻3号57頁、94事件) 説例  暴走族のAは、中学生のときから度々自動車を無免許で運転していたことから運転技術
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,699)
  • 違法排除法則・自白法則
  • 問題  X女は、平成17年11月10日午前8時30分、乙病院に駆け込み、同棲中のBが自宅で重傷を負っている旨告げ、その救護を求めた。病院関係者がB方に急行したが、Bはベッドの上で血まみれで倒れ既に死亡していた。  病院関係者の通報でB方に到着した甲警察署の
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,235)
  • 訴因変更の要否・可否と一事不再理効の客観的範囲
  • 問題  検察官は、「被告人は、かねて職務質問を受けたことに恨みを抱き、平成17年5月20日午前8時ごろ、東京都千代田区○○所在の警視庁□□交番に押しかけて故なく侵入し、まさに警らに出かけようとしていた巡査長甲および巡査乙に対し、身体を殴る、蹴るなどの暴行を加
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(1,386) コメント(1)
  • 親告罪と捜査、一部起訴
  • 問題  Xが18歳のA女を強姦したという事件を捜査しているところ、検察官は、XがA女を強姦したという心証を強く抱くに至った。そこで、検察官はA女にXを告訴する意思があるか確かめたところ、A女は父母と相談してからと返事したまま何の連絡もなかった。 (1)検察
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(944)
  • 放火罪
  • ≪事実の概要≫  被告人は、鉄骨鉄筋コンクリート造12階建マンションのほぼ中央部に設置された9人乗りエレベータのかごに燃え移るかもしれないと認識しながら、ライターで新聞紙等に点火し、これを当該エレベータのかごの床上に置かれたガソリンのしみ込んだ新聞紙等に投げ
  • 550 販売中 2006/04/16
  • 閲覧(957)
  • 刑事訴訟法 親告罪と捜査、一部起訴
  • 問題  Xが18歳のA女を強姦したという事件を捜査しているところ、検察官は、XがA女を強姦したという心証を強く抱くに至った。そこで、検察官はA女にXを告訴する意思があるか確かめたところ、A女は父母と相談してからと返事したまま何の連絡もなかった。 (1)検察
  • 550 販売中 2005/11/25
  • 閲覧(1,346)
  • 刑法各論 不法原因給付と詐欺罪・横領罪
  • 設例  Aは、Bから公務員Xを買収することを依頼され、Xに手渡す賄賂として100万円を預かった。Aは、何とかXに話をつけようとしたが、悪辣なBに手を貸すことに嫌気がさして、預かっていた100万円を趣味の骨董品を買うための資金の一部にしてしまった。その後、Bは
  • 550 販売中 2005/11/25
  • 閲覧(4,142)
  • 刑事訴訟法 訴因・被告人特定
  • 設問  宗教法人A寺の住職で責任役人である甲は、平成10年1月10日、宗教法人法及びA寺規則の定める手続をとらずに、業務上占有するA寺所有の土地1筆につき、甲が経営するB商事株式会社を債務者とする債権額1億5000円の抵当権を設定してその旨の登記を了した。さ
  • 550 販売中 2005/11/25
  • 閲覧(1,047)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?