連関資料 :: 共同被告人と自白・補強法則

資料:506件

  • 第13回 自白法則・補強法則
  • 第13回 自白法則・補強法則等 問題点 自白法則の根拠、違法収集証拠排除法則との関係 約束自白、利益誘導、偽計 第二次証拠の扱い、因果関係をどこで切るか 第1 自白法則 1 「自白」の意義 =自己の犯罪事実の全部又はその重要部分を認める被告人の供述 cf.:「不利益事実の承認」(
  • 刑事訴訟法 ノート 自白 判例 法学
  • 1,100 販売中 638290/04/08
  • 閲覧(2,452)
  • 違法排除法則・自白法則
  • を経て、12月10日本件殺人罪で起訴された。  Xは検察官送致になった11月20日、検察官の弁解録取に対し犯行の概要を認め、その旨の供述調書が作成されたが、同日のうちに否認に転じ、翌21日の裁判官の勾留質問でも否認した。同月24日に改めて自白したが、その後は再度否認に転じている。
  • レポート 法学 刑事訴訟法 自白 違法 毒樹の果実
  • 550 販売中 637659/04/14
  • 閲覧(1,610)
  • 刑事訴訟法-03(伝聞法則)
  • 法則の趣旨と、伝聞法則に例外が認められる一般的な理由を説明し、さらに、いわゆる「前 の不一致供述」が伝聞法則の例外として証拠に許容される...う当事者の攻防に委ね、真実の判断を冷静な裁判所に任せた。当事者主義のもと では、証拠の審査について、憲法37条2項では、「刑事被告人...
  • 刑事訴訟 伝聞法則 伝聞法則の例外
  • 550 販売中 638290/02/21
  • 閲覧(3,503)
  • 共同正犯
  • を強取した。 <争点> 被告人(甲)は本件の共同正犯にあたるか、従犯(幇助)にあたるか。 <共同正犯(60条の)の要件>   ? 主観的要件・共同実行意思  相互に他人の行為を利用補充し合う意思 ? 客観的要件・共同実行行為  共同者が相互に他人の行為を利用補充し合う実行行為
  • レポート 法学 刑法 共同正犯 演習 レジュメ
  • 550 販売中 637348/10/18
  • 閲覧(1,557)
  • 『ファッションの技法』と共同
  • 『ファッションの技法』と共同体  要約 まず、そもそもファッションにおいてその目的とは何であろうか。何のために人々は着飾るのであろうか。そして、われわれが着ている服、その衣服が表現しているものとはいったい何なのであろうか。そのとりあえずの答えの一つには、異性を惹きつけるから、とい
  • ファッション 共同体 排除 いじめ
  • 1,100 販売中 638302/07/01
  • 閲覧(2,340)
  • 第14回 伝聞法則とその例外
  • 第14回 伝聞法則とその例外 憲37条2項「刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自分のために強制的手続きにより承認を求める権利を有する。  ↓具体化 320条「公判期日における供述に代えて書面を証拠とし、」→供述書面 又は「公判期日外における
  • 刑事訴訟法 ノート 伝聞 判例 法学
  • 1,100 販売中 638290/04/08
  • 閲覧(1,403)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?