herrlunusさんの資料 / タグ / レポート

資料:10件

  • ヒュッケル分子軌道法レポート
  • ヒュッケル分子軌道法2レポート 1π電子状態をヒュッケル法で求めよ。 2-メチルプロパン(イソブタン)の炭素原子に適当に番号を付けた。 ヒュッケル法の方程式は、  x 1 1 1c 0  1 x 0 0c2 0  1 0 x 0 c3= 0  1 0 0 x c4 0 よっ..
  • 550 販売中 2007/02/07
  • 閲覧(2,163)
  • 免疫学
  • 生物学特別講義レポート ①哺乳動物のリンパ球の機能と種類について。 リンパ球を分離すると、胸腺由来のTcell(細胞性免疫、Tリンパ球)と骨髄由来のBcell(液性免疫、Bリンパ球)になる。 免疫の発動は第1~4段階に分けられ、第3及び第4段階でリンパ球は重要な役割を果たしている..
  • 550 販売中 2007/02/07
  • 閲覧(720)
  • 励起分子の緩和過程
  • 励起分子の緩和過程 目的 分子をパルス光によって励起し、電子励起状態の緩和過程を調べる。そのための基本的技術を収得し、それぞれの機器の役割を理解する。 測定原理 励起状態の緩和過程は輻射過程と無輻射過程に大別される。 分子Mの基底状態をS(₀)とし、その分子Mが光吸収に..
  • 550 販売中 2007/01/31
  • 閲覧(2,214)
  • 植物群落の層別刈り取り
  • 1. 目的 自然条件下に生息する植物は複数個体からなる群落を形成していて、光の影響を大きく受ける。植物個体の密度と受光量についての変化を分析する。  ?生産構造図について 1.種による違い 生産構造図は種によって違っていた。これは、葉のつき方と大きさに関係が有る。..
  • 550 販売中 2005/07/23
  • 閲覧(1,845)
  • 植物個体群の挙動に対する密度の影響
  • 1.目的 密度の違いによって植物はどのような反応を示すかを人工個体群を用いて観察、測定し分散分析で解析する。また、密度によって変化が起こる機構や意義について考える。  3.方法 ?同じ期間育てたハツカダイコンの低密度7ポット(3個体/1ポット)、中密度3ポット(30個..
  • 550 販売中 2005/07/23
  • 閲覧(1,042)
  • 東証一部上場企業2社のHomeページについて比較検討する
  • <日立製作所> ・商品一覧&説明 ・総合問い合わせ窓口  良いと思われる点と悪いと思われる点を、理由と共にそれぞれ記す。 <三菱電機> ・良い点&悪い点 トップページに商品の写真付きでわかりやすく表示してあるので、探している商品をすぐに検索出来そうである。しか..
  • 550 販売中 2005/07/21
  • 閲覧(546)
  • 回帰計算(最小二乗法)の方法につい
  • 回帰計算(最小二乗法)とは、二次反応速度の測定などで直線の傾きを求める方法です。コンピューターですぐに計算することが出来ますが、今回は自ら手計算する場合について説明します。 回帰計算(最小二乗法)は、データ数が多い場合、計算するのは大変面倒です。以下に関数電卓..
  • 550 販売中 2005/07/21
  • 閲覧(6,211) コメント(8)
  • 二次元平面における質点の運動を平面極座標で考える。
  • 問1:二次元平面における質点の運動を平面極座標で考える。図の様に、点P(x,y)におけるr方向とφ方向の基底ベクトル(単位ベクトル)を 、 とする。 (1)r=√(x²+y²)(=原点とP点の距離)とするとき、P点の位置ベクトルrを を用いて表せ。 (2) 点Pから角度方向..
  • 550 販売中 2005/07/16
  • 閲覧(1,771)
  • 量子化学? 演習レポート 
  • 例題1・6 40m/sの速度で飛ぶ140gの野球のボールのde Brolieの波長を計算せよ。 p=mv=(0.14kg)(40m/s)=5.6kgm/s 従ってde Brolie波長は、 λ=h/p=(6.626×10⁻³⁴Js)/(5.6kgm/s)=1.2×10⁻³⁴m
  • 550 販売中 2005/06/04
  • 閲覧(841)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?