資料:7件

  • 命あるものの意味について―副題;生きると言うこと
  • Reno1  生命倫理学(総合科目)を受講して最初の半期が経過した。どれも中身が濃く重い内容のもので、じっくりと考察させられた。今までにこのような重い内容に触れたことがなかったのでそう言った意味で、新鮮な新たな知識が得られるものだったことを述べておこう。  まず、この..
  • 550 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(1,735)
  • マスコミはいのちの現場をどう伝えたか
  • Reno1 「いのち」を巡る価値観の衝突 ・臓器移植、安楽死、クローン、ES細胞、遺伝子診断など・・・、すでに存在する人間(いのち)の利益のための行為が他者の利益を侵害することがある。例としては臓器移植、存在する人間を脳死と判断するとして、それが互いの利害関係を産む。..
  • 550 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(829) コメント(1)
  • デス・エデューション(命の教育を考える)
  • 最近急増しつつある自殺には様々な背景がある。その中の一つに最近、顕著に見られるようになったネット自殺がある。ネット上で知り合った人達が誘い合わせて心中することだ。このネット自殺が、全国で多発している。何故見知らぬ者同士で心中するのか、自殺を押しとどめる有効な手..
  • 550 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(890)
  • 医療の中の命
  • 医療の中の命、私たちは医療という行為と共に生きている。病気になれば病院に行き薬をもらう。重大な以上ならば入院し完治まで治療を受け続ける。その中で、生きるということは何かということに直面する。数多くある事例の中の一つに触れてみた。  現代の進んだ医学では臓器移植に..
  • 550 販売中 2005/11/15
  • 閲覧(908)
  • 命の教育
  • 人間はこの世に生を受けて死を迎えるまでに、数多くの事を学ぶ。環境や歴史背景など様々な事情による個人差があるが、その中でも命について考える事は最も重要である。考え、学ぶ事の根源には生きるという事、死ぬという事が存在しているからである。講義の中で「命の教育」に関わ..
  • 550 販売中 2005/11/15
  • 閲覧(1,721) コメント(1)
  • 医療の中の命-臓器移植問題 生きるということ
  • 移植には様々な問題がつきまとう。例としては意思表示の問題がある。心臓移植などのドナーカード。最近ようやく存在は認知されだしてきたものの、カードに意思表示されたのに、その本人の家族らの反対で提供できない場合など様々な問題が取り残されており、まだまだ整備されたもの..
  • 550 販売中 2005/06/13
  • 閲覧(997)
  • 生と死について考えるということ
  • 今求められているのは、現代医学にはないホスピスや補完療法等の、「癒し」や「人と人とのつながり」、現代には欠けてしまっている共生の理念のようなものである。それは、患者との日々のコミュニケーションであったり、自分という人間をもう1度振り返るために誰かと話をする事であ..
  • 550 販売中 2005/06/13
  • 閲覧(6,816) コメント(2)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?