extainさんの資料 / タグ / 医・薬学

資料:11件

  • 神経芽細胞腫
  • 1.神経芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫は網膜から発生する悪性腫瘍で乳幼児に多い病気である。眼球をカメラに例えると網膜はフィルムに相当する部分である。瞳孔から入った光がレンズの働きをする水晶体で屈折されて網膜に映し出され、水晶体と網膜との空間は硝子体と呼ばれる粘ちょ..
  • 550 販売中 2005/11/08
  • 閲覧(1,838)
  • すい臓がんについて
  • 1.すい臓がんとは 膵臓から発生したがんのことを一般に膵がんと呼ぶ。膵臓は胃の後ろにある長さ20cmほどの細長い臓器で、右側は十二指腸に囲まれており、左の端は脾臓に接している。右側はふくらんだ形をしているので頭部と呼び、左端は細長くなっているので尾部という。頭部と..
  • 550 販売中 2005/11/01
  • 閲覧(1,534) コメント(1)
  • 遺伝子とがん
  • 1.環境因子とがん タバコを吸う人は肺がんのリスクが高く、放射線に被曝した人は甲状腺がんが発生している。また、近年オゾン層の破壊によって皮膚がんが増加してきている。 よって、環境によってがんが発生しやすくなるといえる。しかし、がんは環境だけが原因で発生しない。..
  • 550 販売中 2005/10/19
  • 閲覧(1,465) コメント(2)
  • シクロオキシゲナーゼとがん予防
  • ヒト癌細胞でのCOX-2の発現増強としては、大腸がん、乳がん、胃がん、食道がん、肺がん、肝細胞がん、膵がん、頭頚部の扁平上皮がんなどが報告されており、NSAIDs服用者における大腸がんや乳がんなどの発症率の有意な低さ(40〜90%)からCOX-2と発がんの機序が注目されている。  ..
  • 550 販売中 2005/07/29
  • 閲覧(1,823) コメント(8)
  • 大腸がんについて
  • 大腸がんは、日本人に増加傾向が著しいがんである。年間の罹患数が1990年には6万人、1999年には9万人を超え、2015年ごろには胃がんを抜くと予測されている。また、大腸がんによる死亡は、男性では肺がん、肝臓がんに次いで3番目、女性では1番目に多くなると推定されている 男..
  • 550 販売中 2005/07/29
  • 閲覧(2,315)
  • がんについて
  • がん(悪性腫瘍)は、造血器由来、上皮細胞からなる癌(癌腫とも呼び、英語ではcancer・carcinomaという)と非上皮性細胞(間質細胞:支持組織を構成する細胞)からなる肉腫(にくしゅ)(英語ではsarcoma)に大きく分類される。また、まれにひとつの腫瘍の中で両者が混在する『癌..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,617) コメント(15)
  • AzacrownとThiacrownについて
  • アザクラウンとは一般的には環状ポリアミンと呼ばれ、以下に示すようにそれぞれクラウンエーテルの酸素原子(O)を窒素原子(N)に換えた化合物である。構造的には共にクラウンエーテルと非常によく似ているがその機能は非常に異なる。それらを挙げてみると、 ? アザクラウンは、その..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,371) コメント(4)
  • エイズ治療薬としてのHIVプロテアーゼ阻害剤の開発について
  • 血液のガンといわれるエイズ(後天性免疫不全症候群)の病原ウイルスがHIV(ヒト免疫不全ウイルス)で、これは遺伝子としてRNAをもち、宿主に侵入して逆転写酵素によりRNAからDNAへと通常とは逆向きに遺伝情報を転写するレトロウイルスであることが明らかにされてきた。それ以来研..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,906) コメント(10)
  • 抗がん剤について
  • ガンに代表されるような悪性腫瘍は一度発生すれば自然治癒は全く考えられないものであり、発見が遅れると転移して他の臓器や骨などに播種するので、治療に至っては早期に行うことが必要なのである。治療法としては、外科療法(できるだけ転移しない時期にガン細胞を完全に摘除する..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,316) コメント(2)
  • 幹細胞と再生医療
  • 1.細胞の分化 細胞は、初期胚における発生の由来から、外胚葉、中胚葉、内胚葉に分類される。外胚葉由来の細胞には、神経細胞や表皮細胞がある。内胚葉由来のものは、肝臓、膵臓、小腸の上皮細胞がある。中胚葉由来のものは骨、筋肉など結合組織のものがある。また、表皮は外胚葉..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(2,073)
  • 小型球形ウイルスによる急性胃腸炎の発生機所と予防
  • 1.小型球形ウイルスとは 小型球形ウイルス(Small Round Structed Virrus:SRSV)とは非細菌性急性胃腸炎の原因ウイルスである1ーウォークウイルスあるいは1ウォーク様ウイルスの総称である。 細菌、遺伝子解析からカリシウイルス科に分類されることとなり。他の動物カリシウイ..
  • 550 販売中 2005/07/23
  • 閲覧(1,248)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?