資料:47件

  • 参政権をめぐる諸問題
  • 参政権(選挙権・被選挙権)は憲法上保障された権利ではあるが、国民主権(民主主義)の理念の下に採用された「制度の中で活きる権利」であるため、その具体的内容決定は立法政策に待つべきものとされ、立法府の裁量が広く認められる傾向がある。また、参院選の1票の価値の不平等による..
  • 550 販売中 2005/07/05
  • 閲覧(816)
  • 参政権の法的性質
  • 日本国憲法は、我が国が「国民主権」を原則とする民主主義国家であることを前文(第一段)と1条後段で明示的でないながらも、その旨を示している。そして、我が国における国民主権の原則は、民主的政治過程の保障を通じて実現されると明言している。つまり、対内的最高性を有するの..
  • 550 販売中 2005/07/05
  • 閲覧(1,176) コメント(1)
  • 人権の保障と制限-天皇・皇族の人権-
  • 1、 問題の所在 天皇及び皇族も日本国籍を有し、日本国の構成員という意味での国民であるが、憲法第3章の人権享有主体としての「国民」にも含まれるか。問題は、憲法及び法律によって、天皇・皇族には一般国民にはない特殊な法的地位が与えられているところにある。 (1) 公..
  • 550 販売中 2005/07/05
  • 閲覧(2,044) コメント(1)
  • 「人権の保障と制限」?、特別権力関係論(特別公法関係論)
  • 人は、国民たる地位に基づいて国の統治権に服し、かつ基本的人権を享有するが、特定の者が特別の法律上の原因によって一般の統治関係とは異なった特別の関係に入った場合に、基本的人権の保障を受けるかどうかが問題となる。このような特別の法律関係を伝統的な公法理論は、特別権..
  • 550 販売中 2005/07/05
  • 閲覧(1,568)
  • 人権の保障と制限
  • 監獄法は諸々の規定で、在監者の自由の制限内容を定める権限を命令に委任している(いわゆる白紙委任にあたるおそれが強く、違憲の疑いもあるが、最判例は特に問題としていない)。この委任を受けて、監獄法施行規則に制限の具体的内容が定められており、規則の適用・運用を行う裁..
  • 550 販売中 2005/07/05
  • 閲覧(914)
  • 会社法ー取締役と会社との関係―経営判断原則
  • 1、本件は、取締役がバブル期の財テクブームに乗じて、定款変更をした上で銀行から多額の借財をし、有価証券投資を行ったその結果として多大な損害を会社に生ぜしめたことについて取締役が義務違反によってその責任を負うのか、または「経営判断の原則」によって免責されるのかと..
  • 550 販売中 2005/07/05
  • 閲覧(2,858)
  • 「日本における懲罰的損害賠償制度採用の可否」
  • <はじめに> 政府は、日本社会の高度な法社会化の現実に対処するため、1999年、内閣に司法制度改革審議会を設置した。審議会は、21世紀の我が国社会において司法が果たすべき役割を明らかにし,国民がより利用しやすい司法制度の実現,国民の司法制度への関与,法曹の在り方..
  • 660 販売中 2005/06/30
  • 閲覧(2,161) コメント(1)
  • 「手形法・小切手法」レポートー経済的機能、裏書譲渡と指名債権譲渡
  • 手形は、支払期日を一定期間おいた将来に設定することによって、延払いを可能にする。すなわち、約束手形も為替手形も主として信用利用の手段としての機能を営む。もっとも、国内取引においては約束手形は代金延払いの場合の支払手段として用いられることが多い。この他、手形は銀..
  • 550 販売中 2005/06/29
  • 閲覧(2,631) コメント(2)
  • 会社法レポート-会社の種類と社員の責任態様・瑕疵ある取締役会決議
  • 商法及び有限会社法では、合名会社(商法62条以下)、合資会社(商法146条)、株式会社(商法165条以下)、有限会社(有限会社法17条以下)の4つの種類の会社が認められている。各会社の社員の責任態様は会社ごとに異なり、次のように規定されている。  合名会社の社員は、会社財..
  • 550 販売中 2005/06/29
  • 閲覧(2,054)
  • 『近代財産法の4大原則と現代における意義』
  • 現代社会において、人々は様々な権利を有し、その補償の反射として様々な義務を負って生きている。古代では、権利の獲得は権力や権威との争いであった。人々は、権力や権限の行使に制限を加え、合理的で公平な権力行使の実現のための法制度を確立し様々な権利を獲得していった。古..
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(905) コメント(1)
  • 「企業倒産と債権回収」レポート『山一証券の倒産』
  • 企業倒産は経済における病理現象である。特に大企業の倒産は、その事業規模が大きいだけに多くの失業者と巨額の不良債権を生み出し、一企業の倒産が社会全体に暗い影を落とす。しかし、倒産する企業というのは、経済社会において不要な歯車であり、非効率な存在であるがために淘汰..
  • 550 販売中 2005/06/25
  • 閲覧(1,428)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?