資料:7件

  • 判例検討-内縁関係の法的性質・不当破棄
  • 民法判例―内縁関係の法的性質・不当破棄  最判昭和33年4月11日第二小法廷判決  論点①「内縁の法的な性質は何か?」  ②「内縁関係を不当に破棄した場合に当事者はどのような法律関係に立 つのか?」  <事実の概要>  昭和26年12月 11日、それまで事実上の夫婦として同..
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(2,955)
  • 判例検討-長期別居中の懐胎子と嫡出推定
  • 民法判例―長期別居中の懐胎子と嫡出推定  論点「嫡出推定が働く場合には、夫からの嫡出否認の訴えがなければ、 子は生物学上の父に対し認知請求をすることができないか。」  最判昭和44年5月29日第一小法廷判決  <序論>  嫡出推定とは、民法772条の規定の「妻が婚姻中に..
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(2,405)
  • 家族法レジュメ:「財産分与」
  • 1 家族法  5.離婚の効果(1)―財産分与  5-1.財産分与の法的性質  ・財産分与の具体的内容・・・1)夫婦財産の清算  2)離婚後の扶養  3)離婚慰謝料  ・判例(最判昭和46年7月23日民集 25-5-805)  「財産分与請求権と慰謝料請求権とは、その性質を必ずしも同じく..
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(1,532)
  • 刑法総論 「違法性と安楽死」
  • 刑法総論  違法性と安楽死  刑法上の安楽死とは、死苦を緩和させるためにとった方法が、(自然の死期に先立って) 人を死亡させる結果となることをいう。死期が切迫していること及び、肉体的苦痛の緩和 のみを目的とし、精神的苦痛の緩和を目的としないこと、及び、本人に意識があ..
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(4,035)
  • 家族法レジュメ:「婚姻の成立」
  • 家族法  1.婚姻の成立  1-1.婚姻の成立要件  ・形式的要件:届出(739 条)→届出婚姻主義-----------------→婚姻不存在(通説・判例)  →成年の証人2人以上が必要。  ・実質的要件:婚姻意思の存在----------------------------------→婚姻無効  婚姻障害事由(731 条~)不該..
  • 550 販売中 2008/02/01
  • 閲覧(5,209)
  • 会社法Ⅰ 取締役会決議と特別利害関係
  • 会社法Ⅰ  取締役会決議と特別利害関係  問題)代表取締役の解任に関する取締役会決議において当該取締役は議決権行使ができ るか。  1.総論  2.商法260条の2第2項  (1)判例(肯定説)  (2)否定説  (3)検討  1.総論  株式会社の業務執行は、日常的・一般的にも..
  • 550 販売中 2008/01/23
  • 閲覧(7,873)
  • 判例検討-連帯保証と利益相反行為
  • 民法判例  連帯保証と利益相反行為  論点:「第三者の債務につき、親権者自ら連帯保証すると共に、未成年子 を代理して、その子と債務者との間で連帯保証契約並びにその子 の不動産に抵当権を設定する契約の締結は利益相反行為に該当す るか?」  未成年子が有効に法律行為を遂行す..
  • 550 販売中 2007/11/30
  • 閲覧(2,770)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?