資料:55件

  • 『近代財産法の4大原則と現代における意義』
  • 現代社会において、人々は様々な権利を有し、その補償の反射として様々な義務を負って生きている。古代では、権利の獲得は権力や権威との争いであった。人々は、権力や権限の行使に制限を加え、合理的で公平な権力行使の実現のための法制度を確立し様々な権利を獲得していった。古..
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(920) コメント(1)
  • 学習指導案・高校・政治経済「信教の自由〜新しい人権」
  • *「知る権利」「情報公開条例・法について」 └→情報公開については、地域住民や市民に近い存在である、地方公共団体での「条例」の施行が先行する形で、各地に広がり、全国規模に広がった。やがて、国の管轄する行政機関についても、情報公開の必要性と要請から、情報公開法が..
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(2,853) コメント(1)
  • 学習指導案・高校・政治経済「信教の自由〜請求権」
  • (戦前の弾圧)信教の自由とは、人がどのような宗教を信じてもよい自由、信じない自由を含めた自由であり、宗教に関わる様々な行為について自由であることをいいます。明治憲法の時代には「神者は宗教にあらず」とされ、国家(国政)と神道が結び付けられ、治安維持法などによって..
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(2,321)
  • 学習指導案・高校・政治経済「法の下の平等〜労働健」
  • 『法の下の平等』 「平等権」 ・女性差別問題 男子校・女子校を例に社会における「ジェンダー」の存在を示し、性による差別はいわれの無いものであり、「ジェンダー・フリ−」社会の大切さを理解する。 ・外国人労働者問題 日本に住む、外国人に対しては、生活上、公民権上さ..
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(3,470) コメント(1)
  • 平成12年 中央省庁再編について
  • 行政の官僚制は、資本主義が確立した西欧で、企業が効率的経営を目的に官僚化したのを基に、国家行政の効率化・合理化のために確立された。そのため、この制度は合理性、迅速な業務処理能力は有してはいるが、反面、組織の硬直性、融通がきかない非人間性、横柄な官僚主義的態度な..
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(781) コメント(1)
  • 「現代社会システム」レポート試験
  • 市場において、総供給量と総需要量が一致する時の総需要量を有効需要という。需要というのは、価格の変化に応じて人々がそのモノをどれだけ購入しようとするかを意味する。需要には、一般の人々が自ら消費する目的でモノを購入する消費需要と、企業や政府が新たな事業を行うことを..
  • 550 販売中 2005/06/26
  • 閲覧(629)
  • 「企業倒産と債権回収」レポート『山一証券の倒産』
  • 企業倒産は経済における病理現象である。特に大企業の倒産は、その事業規模が大きいだけに多くの失業者と巨額の不良債権を生み出し、一企業の倒産が社会全体に暗い影を落とす。しかし、倒産する企業というのは、経済社会において不要な歯車であり、非効率な存在であるがために淘汰..
  • 550 販売中 2005/06/25
  • 閲覧(1,453)
  • 荘子集解巻一 「遙遊篇」「天地篇」
  • (1)荘子の自由  何千里もある翼を持ち、九万里の高さまで上昇し、その地の果てまで飛ぶことのできる鳥・鵬と、それとは対照的な、楡の木の間を飛ぶことが精一杯のいかるやヒグラシ、それよりも小さなよもぎの間を飛ぶみそさざえを登場させ、それぞれを人間に例え「飛行」という..
  • 550 販売中 2005/06/22
  • 閲覧(900) コメント(1)
  • 「中国古代の社会」レポート試験
  • ?中国大陸を史上初めて統一  ?長城建設などの大規模土木事業  ?貨幣・度量衡などの社会システムの基礎形成  ?苛政  秦は、中国大陸を史上初めて統一したと言われている。それに伴って、二世皇帝である胡亥が貨幣・度量衡などの社会システムの基礎を作ったといわれている。貨幣..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(760)
  • 古代中国の刑罰
  • <はじめに>  国民国家が世界において主体単位となった現在、民主的な憲法を有するほとんどの国では、犯罪者を法律に基づいて裁き、刑罰を法律によって確定する罪刑法定主義に基づくシステムが採用されている。中国という広大な領域を始めて統一し支配した秦という帝国の時代にお..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(2,080)
  • 「中国古代の社会」(歴史学)『歴史学へのアプローチ法を求めて』
  • 「始皇帝は悪人だったのか」という疑問を抱き、私は鶴間和幸著『秦漢帝国へのアプローチ』を読み進めることにした。その答えへの道標は、この著作の第三章「官僚のみた専制王朝下の民衆の苦悩」に見ることができる。  始皇帝の政治は実に専制的で、官僚機構が厳格な割りに、政策面..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(930)
  • 国際化と日本「コモンズの荒廃からの社会」
  • コモンズの荒廃や環境の劣化が「悲劇」といわれる所以は、コモンズを利用する個人の利益追求行為によって得られる利益はその個人に帰属するが、それに伴う弊害はコモンズを利用する者全員に降りかかるという事実にある。この事実が明らかになると、それまで自由放任であったコモン..
  • 550 販売中 2005/06/21
  • 閲覧(575)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?