資料:8件

  • 食品加工学 ピッツァ
  • ?.下準備と予備発酵 ?強力粉をはかり取り、3回ふるいにかけて空気を含ませておく。 ?最小のボールに温湯を40ml入れ、砂糖2gとドライイーストを溶かしておく。 〈注〉温湯は温度が高すぎると酵母が死んでしまい、低すぎると酵母が働かないので40℃位になっていることを再度確..
  • 550 販売中 2005/07/17
  • 閲覧(1,644)
  • 食品加工学 手打ちうどん
  • 小麦粉のたんぱく質は、グリアジン、グルテニン、アルブミン、グロブリンなどのうち、グリアジン、グルテニンが約85%を占める。この2つのたんぱく質は、普通の状態では水に溶けないが、水を加え練り合わせると徐々に水を吸って、グリアンジンは流動性のあるねばねばした物質に、..
  • 550 販売中 2005/07/17
  • 閲覧(3,849)
  • 生化学実験 糖の定性反応
  • ◎今回使用した糖液(キシロース、グルコース、フルクトース、ラクトース、スクロース、デンプン)について以下にまとめた。 モーリッシュ(Molisch)反応 ?3本の試験管(A〜C)のうち、A管にグルコース液、B管にスクロース液、C管にはデンプン液をそれぞれ2mlずつとる。..
  • 550 販売中 2005/07/16
  • 閲覧(47,674) コメント(11)
  • 生化学実験 ビタミンの定性反応?
  • ◎ビタミンの定性反応の実験技術を習得する。 ビタミンC(アスコルビン酸) ※使用するビタミンC溶液の濃度が、実験1〜3で違うことに注意して操作すること。 実験1.α、α1-ジピリジル法  ビタミンC(アスコルビン酸)水溶液(50μg/ml)2.0mlに発色試薬2.5mlを加えて、溶..
  • 550 販売中 2005/07/16
  • 閲覧(9,355)
  • オレンジマーマレード
  • ■作り方と注意点■ ?.オレンジの下準備 ?外皮をよく洗い、横2つに切り果肉に指を押し当てて果汁を搾りだしガーゼで漉す。この果汁の重量をはかり、このうち15ml(5ml×オレンジの個数)を仕上げの風味付けに使うためはかり取っておく。 ?果皮を6枚に切り分け1枚ずつ長方形..
  • 550 販売中 2005/06/19
  • 閲覧(2,255) コメント(4)
  • ケルダール法によるたんぱく質の定量
  • ◎ケルダール法を用いて試料(チキンラーメン・ウインナーソーセージ)のたんぱく質量を求める ◎実験結果と試料の成分表示値との比較 方法1 0.1N(0.1mol/l)-NaOHのFの決定 ?0.1N(0.05mol/l)H2SO4(F=1.003)10ml(ホールピペット)を三角フラスコ(100ml容)にとった..
  • 550 販売中 2005/06/19
  • 閲覧(10,738) コメント(17)
  • ビタミンの定性反応
  • ■目的■ ◎ビタミンの定性反応の実験技術を習得する。 ■方法■ ビタミンB1(チアミン) 実験1.チオクローム反応  ビタミンB1(チアミン)水溶液(2mg/ml)5mlに10%水酸化ナトリウム2.5mlおよび10%フェリシアン化カリウム0.5mlを加え、つぎにブタノール5mlを加え、..
  • 550 販売中 2005/06/19
  • 閲覧(18,419) コメント(5)
  • 食品の機能性『ラズベリーケトン』
  • 食物として摂取したエネルギーが、体内で消費するエネルギーを上回る状態が続くと、過剰になったエネルギーは脂肪となり、皮下脂肪や内臓周辺に蓄積されて肥満になる。肥満は、糖尿病、高脂血症、心疾患など様々な生活習慣病を併発することが知られており、肥満を改善することでそ..
  • 550 販売中 2005/06/19
  • 閲覧(1,509) コメント(6)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?