円莉さん累積訪問者(29,890名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:14件

  • 文献比較調査
  • (1)『日本史学 文献目録 2001(平成13)年版』  学術文献刊行会・編集 朋文出版社 2004年3月発行 収録範囲:2001年内に発表された論文と発行された単行本。 分類:古代、中世、近世、近現代、日本史学一般の5つに分類されている。それぞれ論文
  • 550 販売中 2005/07/29
  • 閲覧(792)
  • 書評の比較調査
  • 1.新聞の書評比較 ○読売新聞 毎年選ばれる書評委員会のうち10人が書評する。 曜日:日曜日 ページ数:読書コーナーは全部で3ページ。そのうち書評のページは2ページ分。 冊数:全部で10冊。うち6冊を大きく取り上げ、4冊は短評。 形式:大きく取り上げ
  • 550 販売中 2005/07/29
  • 閲覧(1,163)
  • 辞典・辞書の比較調査
  • ?見出し語の種類・数 『国史大辞典』  ・約5万4000項目 ・基礎となる大項目と、それに関連する中・小項目で構成されている。さらに関連のある大項目を参照項目として載せている。 ・現代かな遣いでかな見出しがあり、その下に本見出しとして漢字・カタカナを表
  • 550 販売中 2005/07/29
  • 閲覧(849)
  • 小中学生と歴史マンガについて
  • 「マンガ」というものは、現在多くの子どもたちに読まれているものであり、一時は日本の文化とまで言われたものである。読書離れと言われている中で、マンガの売り上げは全体の多くを占めているし、新古書店などでは、本棚の前に人がズラリと並んでマンガを立ち読みしている。しか..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(1,016)
  • 図書館サービスの比較
  • 私が住んでいるところは横浜市である。横浜市では、各区にある図書館は西区にある横浜市立中央図書館の分館となっている。よって中央図書館を調査対象とする。  横浜市は人口約350万人(平成16年7月)であり、政令都市の中では一番人口が多い都市である。それより多い所
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(927)
  • 荒田目条里遺跡出土3号木簡の考察
  • ○遺跡の概要  福島県いわき市平菅波字礼堂地内所在。  阿武隈山地を源とする夏井川の下流、河口近くの右岸に所在する磐城郡家関連遺跡。遺跡の周辺には、『延喜式』に記載のある大國魂神社や、国指定史跡の甲塚古墳、緑釉陶器が数多く出土した小茶円遺跡などがある。また
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(1,757)
  • 日本の厄払い
  • まず厄年とは、人の一生のうちにある、一種の折り目である。厄年は、何か災厄の降りかかる年だから身を慎むというものであり、そのために種々の厄払いを行う。  厄年の考え方は、もともとは中国大陸からもたらされたものであるが、日本でもすでに平安時代から、厄年のことが
  • 550 販売中 2005/06/29
  • 閲覧(704)
  • 日本古代の鏡の信仰について
  • 鏡は、普通では見えない自分の顔や姿を映すものである。古代中国では一般には化粧用具として、白粉や口紅や櫛と共に化粧箱の中に収められていた。それだけでなく、鏡は神霊性を有すると考えられていた。特に道教においては、内篇『荘子』に明鏡止水が道の体得者の象徴とされ、外篇..
  • 550 販売中 2005/06/29
  • 閲覧(2,610)
  • 平安時代の装束について
  • 平安時代の文化は「王朝文化」と言われるとおり、朝廷に近い、社会でも上層の、貴族の文化であった。当時の貴族は政治の実務から遠ざかって、贅沢な遊び事の日々を送っていた。そして、その身を飾る衣服には、貴族の信条であった「高貴(あて)」・「雅」にふさわしい布地の品質
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(1,754)
  • 大化改新について
  • 中大兄皇子は、乙巳の変において、佐伯氏、犬養氏といった選抜された刺客たちと、宮中に身をひそめ、入鹿暗殺の機会を窺っていた。そして入鹿への第一撃は、中大兄皇子の手によってなされた。中大兄皇子は、入鹿暗殺に失敗すれば、その場で生命を落とす危険性もあった。また、入
  • 550 販売中 2005/06/28
  • 閲覧(931)
  • 大国主神と大国主神に関する神話について
  • 大国主神は国譲りで有名な神である。主に出雲神話に登場し、素盞鳴尊と大国主神の二柱を軸として出雲神話は展開する。大国主神は出雲大社の祭神であるが、出雲神話での神威が高く受け取られていたのか素盞鳴尊と混同されることが多い。このように大国主神と素盞鳴尊が混同される理..
  • 550 販売中 2005/06/26
  • 閲覧(1,068)
  • 化粧文化の比較
  • 化粧の歴史は、古代文明まで遡ることが出来る。古代における化粧には、自然界からの防御、身分の象徴、呪術的なものと様々な説がある。 四大文明のうち、エジプトとメソポタミア、中国で、化粧用品が発掘されて、メソポタミアの遺跡からは白粉が出土している。古代エジプトの化
  • 550 販売中 2005/06/26
  • 閲覧(4,387)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?