資料:26件

  • 国会単独立法と国民立法
  • <「国会は、必要があると認めるときは、議決により法律案を国民投票に付することができる。その場合、投票の過半数の賛成があるときは、右法律案は法律として成立する。」という趣旨の法律が制定されたと仮定する。この法律に含まれている憲法上の問題について論じなさい。> 1...
  • 660 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(831)
  • 裁判員制度
  • 『裁判員制度を導入することに憲法上問題はないか』 1.裁判員制度 (1)審議会意見書及び裁判員法によると、裁判員制度の骨子は以下のようにまとめることができる。 ①対象事件は、法定刑に死刑または無期懲役・無期禁錮を含むなど、一定以上の重大犯罪である。 ②裁判官と裁判員は..
  • 770 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,937)
  • 国民投票による立法の可否
  • 憲法レポート 「国会は、必要があると認めるときは、議決により法律案を国民投票に付することができる。その場合、投票の過半数の賛成があるときは、右法律案は法律として成立する。」という趣旨の法律が制定されたと仮定する。この法律に含まれている憲法上の問題について論じなさ..
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,121)
  • 国会単独立法と国民立法
  • <「国会は、必要があると認めるときは、議決により法律案を国民投票に付することができる。その場合、投票の過半数の賛成があるときは、右法律案は法律として成立する。」という趣旨の法律が制定されたと仮定する。この法律に含まれている憲法上の問題について論じなさい。> 1...
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(737)
  • 国会議員への命令委任の可否
  • 憲法レポート~国会議員について、いわゆる「命令的委任」の制度を導入する法律を制定することは認められるか~ 1.命令的委任の可否を考えるにあたって  命令的委任とは、議員が選挙人の意思に拘束されることを意味し、選挙人の意思に反するときには、議員は選挙人から直接に議員..
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,136)
  • 国会議員と命令委任
  • <国会議員について、いわゆる「命令的委任」の制度を導入する法律を制定することは認められるか> 1.命令的委任とは、議員が選挙人の意思に拘束されることを意味し、選挙人の意思に反するときには、議員は選挙人から直接に議員の地位を奪われることとなる。そのようなことが認め..
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(796)
  • 公務員の人権制限
  • <公務員の基本的人権の制限につき、その事例及び憲法解釈上の論点を挙げて、説明せよ> 1.公務員の基本的人権の制限については、政治活動の自由について問題となった最高裁判例(猿払事件判決)が存在する。この事例は、国家公務員(郵政事務官)が衆議院議員選挙に際して勤務時間外..
  • 770 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(7,027)
  • 検閲と裁判所による事前抑制
  • <裁判所が名誉侵害を理由に出版物を仮処分によって事前に差止める場合の問題点について、プライバシー権侵害を理由とする場合と比較して論ぜよ。> 1.裁判所による出版物の事前差止めは21条2項にいう検閲にあたらないか、その意義が問題となる。  (1)思うに、21条1項で保障される..
  • 770 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,771)
  • 憲法の私人間効力
  • <基本的人権の保障に関する憲法の規定は私人間の法律関係にも及ぶか、若干の例を挙げて論ぜよ。> 1.憲法の人権保障に関する規定は私人間にも適用されるか。本来、憲法は国または公共団体と私人との関係を規律したものであり、私人相互の関係は原則として私的自治に委ねられてい..
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(3,679)
  • 議員の免責特権
  • <国会議員の発言によって名誉を毀損された国民は、その議員の法的責任を追及することができるか> 1.憲法51条は、「両議院の議員は、議院で行った演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない」と規定している。 この免責特権の趣旨については、議員の院内における言論の..
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(867)
  • 拡声機による暴騒音の禁止
  • <A県の拡声機規制条例は、拡声機による暴騒音が身体の安全や業務の円滑な遂行等に重大な支障をおよぼしていることにかんがみ、拡声機による暴騒音を禁止し、警察官の中止命令に違反した者を処罰することにしている。この条例の合憲性について論ぜよ。> 1.本問のA県の条例は拡声..
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(727)
  • 外国人の人権
  • 外国人の人権に関する判例(定住外国人地方選挙権訴訟事件判決について) 1.まず、事実の概要を述べる。本件訴訟は、永住資格を有する在日韓国人が、平成2年9月2日登録の選挙人名簿に登録されていなかったので、大阪市の4つの区の選挙管理委員会に対し、選挙人名簿に登録するよう異..
  • 770 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(4,748)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?