なかじさんの資料 / タグ / レポート

資料:11件

  • 公的扶助2
  • 1962年、行政不服審査法が制定され、行政処分一般に不服の申し立ての道が開かれた。  生活保護法において、保護を受けることを国民の権利であることを明確に示しているのが、不服申立て制度である。  不服審査制度の目的は、行政不服審査制度の第1条で、「この法律は、行政庁の違..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(1,913) コメント(1)
  • 公的扶助
  • 日本国憲法は第25条において、「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定しているが、この憲法の規定する生存権の保障を国が実体的に具現するための一つとして規定されたのが生活保護法である。つまり、生活保護法は生存権の理念に基づくものであ..
  • 550 販売中 2005/12/13
  • 閲覧(1,685) コメント(2)
  • バイステックについて
  • 福祉の重要な原則に「バイステックの7つの原理」がある。これは、アメリカの社会福祉研究者であるフェリクス・バイステックが示した、個別援助における援助関係の原則である。援助者とクライエントの間に望ましい援助関係を成立させるために、7つの基本原則をあげている。 ?個別..
  • 550 販売中 2005/11/16
  • 閲覧(4,268) コメント(6)
  • わが国の高齢者福祉の現状について
  • わが国は、他国には類を見ないほどの急速な少子高齢社会を迎えている。平成15年の65歳以上の高齢者人口は2431万2000人で高齢化率は19.0%である。以降、高齢化の傾向は着実に進行し、平成22年には高齢化率が22.5%、さらにその5年後の平成27年には高齢化率が26.0%と推計され、国民..
  • 550 販売中 2005/11/16
  • 閲覧(5,748) コメント(1)
  • 社会福祉原論テスト課題
  • ボランタリズムとは、市民の自由意志に基づき自らの資金で報酬なしに社会福祉実践を行う思想であり、「自主性」「公共福祉性」「民間性」を特徴とする援助活動を動機付けるエートスを言う。一般的には社会福祉、医療、教育などの社会的な公共活動に自主的自発的に参加する人たち(..
  • 550 販売中 2005/08/01
  • 閲覧(1,962)
  • 公的扶助論
  • 日本国憲法は第25条において、「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定しているが、この憲法の規定する生存権の保障を国が実体的に具現するための一つとして規定されたのが生活保護法である。つまり、生活保護法は生存権の理念に基づくものであ..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,706) コメント(4)
  • 社会福祉入門
  • わが国は、他国には類を見ないほどの急速な少子高齢社会を迎えている。平成15年の65歳以上の高齢者人口は2431万2000人で高齢化率は19.0%である。以降、高齢化の傾向は着実に進行し、平成22年には高齢化率が22.5%、さらにその5年後の平成27年には高齢化率が26.0%と推計され、国民..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,287) コメント(3)
  • 社会福祉原論
  • 福祉国家とは「国民の福祉増進と確保」、すなわち、「すべての国民に健康で人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする国家」である。第二次世界大戦中はナチスの「戦争国家」、そして戦後には「社会主義国家」と対比する意味で市民的自由を守りつつ国民生活の保障のために..
  • 550 販売中 2005/07/22
  • 閲覧(2,311) コメント(5)
  • 社会福祉原論
  • 日本の社会福祉は、第二次世界大戦後に始まったといわれる。明治憲法では、国民の人格的基本権の概念が確立されてなかった。したがって、社会事業と公的扶助との区別が無かった。1874年に「恤救規則」が制定され、対象が重度の身体障害者、70歳以上の高齢者、重病人、13歳以下の児..
  • 550 販売中 2005/07/21
  • 閲覧(2,987) コメント(12)
  • 福祉と教育
  • 日本では、「高校生までの学力は日本人のほうがアメリカ人よりも高い。しかし、大学卒業時になるとそれが逆転し、アメリカ人のほうが日本人よりも総合的に高くなる」とよく言われる。現にアメリカ人の数学力は先進国で最低レベルである。数学は、アジアの高度経済成長を支えてきた..
  • 550 販売中 2005/07/12
  • 閲覧(1,387) コメント(7)
  • 高齢者の介護は誰が担うべきか述べよ
  • 平成15年6月における日本の世帯総数は4580万世帯で、このうち「高齢者世帯」は725万世帯となっていて約16%となっている。昭和50年と比較すると「総数」約1.4倍であるのに対し、「高齢者世帯」は6.7倍となっている。また、65歳以上の高齢者のいる世帯数は1727万世帯、全世帯の37.7..
  • 550 販売中 2005/06/27
  • 閲覧(1,158) コメント(4)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?