資料:6件

  • 小熊英二とナショナリズム
  • 今回は小熊英二『<日本人>の境界』、石田雄『記憶と忘却の政治学:同化政策・戦争責任・集合的記憶』の両著を読んだが、日本人あるいは近代日本という概念の可動性を改めて認識する結果になった。具体的には近代日本の範疇に対して、アイヌ、沖縄、台湾、朝鮮などをどう位置づける..
  • 550 販売中 2005/10/13
  • 閲覧(1,073) コメント(2)
  • ピジンとクレオール−今福龍太をもとに
  • 今福氏著『クレオール主義』の一部「?、浮遊する言葉とアイデンティティ」に関して、まず整理を試みたいと思う。私が社会学において勉強不足であるからであろうか、「ピジン、クレオール」という単語を今回初めて知ることとなった。共有する言語を持たない複数の集団が公益などの目..
  • 550 販売中 2005/10/13
  • 閲覧(1,221)
  • フェミニズムとポストコロニアリズムに対する一考
  • フェミニズムとポストコロニアリズムの交差  西洋、あるいは白人が近代的な主体を構築する際に、自らの危険な過剰性を植民地におけるネイティブの属性に転化し、それによって近代的主体の一貫性を保持しようとしたのが、植民地主義の精髄である。すなわち自らが持つ矛盾性や非近..
  • 550 販売中 2005/10/13
  • 閲覧(2,250)
  • ジェンダーという概念の歴史概観
  • 1、文献の要約及び知見の整理 第?章1節の「差異の政治学」ではフェミニズムの文脈というよりももっと広範な文脈のもとでジェンダー概念の登場からその進展の系譜が整理されており、興味深く読むことができた。したがってまずはこの節を中心に知見をまとめたいと思う。 ジェンダー..
  • 550 販売中 2005/10/13
  • 閲覧(3,750) コメント(2)
  • ポスト青年期-ひきこもりを切り口に
  • 1、本著を読もうと思った理由  教育学部に進学する以前であるが、斎藤環著『社会的ひきこもり』を個人的な興味があって読んでおり、精神科医−斎藤環の名前を知っていたこともあって、本著を選んだ。現代の若者は概して「大人になる」段階で躓くことが多いという状況、思春期とい..
  • 550 販売中 2005/07/18
  • 閲覧(1,390)
  • 教育問題の社会学
  • 私が本論を記述するに際して感じたのは、教育学的・啓蒙的な言説の無能さであるが、言説の生産と再生産にいかにコミットするかによって他者との落差を生み出し「位置」を消費して快楽を見出せるのならば、「自分の身体を売るのはやめなさい」といった保護者的な言説実践は有効であ..
  • 550 販売中 2005/07/10
  • 閲覧(1,299)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?