一緒に購入された資料 :: ポスト青年期-ひきこもりを切り口に

資料:6件

  • 不登校
  • 近年、不登校や、学力低下、中退などが教育面での大きな社会問題になっている。少子化が一段と進む中で、児童生徒数は減少しているにもかかわらす、特に不登校、引きこもりは高校生だけでなく、小学生、中学生においても急増してきている。不登校は学校に適応できないだけでなく、..
  • 550 販売中 2006/01/29
  • 閲覧(1,140)
  • 青年の不登校について
  • ?問題の実態 不登校は学校に登校しない全ての状態のことをいう。主に身体疾患や経済的理由を除いた心理的、情緒的、社会的な要因によって児童・生徒が学校に行けないという状態を示すものであり、以前は「学校恐怖症」「登校拒否」という風に言われてきた。 不登校は大きく分ける..
  • 550 販売中 2006/09/21
  • 閲覧(1,236)
  • クライエント中心カウンセリングと行動療法
  • クライエント中心カウンセリング(クライエント中心療法) これは、ロジャーズ(Rogers,C.R)よって提唱された心理療法で、当初は非指示的精神療法(カウンセリング)と呼ばれていた。彼は、それまでの指示的な療法や、忠告したり説得したりするような、治療者が一方的に患者の病..
  • 550 販売中 2006/12/29
  • 閲覧(1,970)
  • 青少年の社会的成熟の困難化に関わる教育的問題について
  • (1)青少年の社会的成熟とは社会化を目的としたものであり、現代の日本にあっては、平均的には12-3歳( 小学校 卒業時前後)で肉体的成熟があり、17-8歳( 労働力 と認識される頃)に 精神的成熟 があり、24-5歳(同 世代 の大多数が、社会人となる頃)に、社会的成熟が在るとされ..
  • 550 販売中 2007/07/31
  • 閲覧(882)
  • 東アジア経済共同体構想
  • 21世紀以降、急速に拡大するグローバリゼーションの下、EU(欧州連合)やNAFTA(北米自由協定)をはじめとする、数々の地域連合が展開されてきた。その一方、日本を含む東アジア諸国間でも、1997年に発生したアジア通貨危機を契機に、積極的に経済の地域連携協定の締結交渉が進めら..
  • 550 販売中 2008/07/14
  • 閲覧(2,052) 2
  • 若者の乱れた言葉について
  • 若者の乱れた言葉について  今回は若者の乱れた言葉がどのように発生し、どのように使われてきたか。発生源、起源といったことから調べていきたい。また、ゆとり教育の導入によって、若者の言葉の乱れはどう変化したかについても考えていきたい。なぜこのテーマが重要であるかとい..
  • 550 販売中 2007/07/09
  • 閲覧(6,808)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?