資料:1件

  • 「御師」・「講」制度は、明治以降どうなったのか
  • 御師は、中世においては下級神職(信仰の布教者)として武家の参詣の世話をしていて、江戸時代に入ると、神職としての性格が後退し、旅行業的な活動に転じたそうです。また、明治維新の改革で師職制は廃止され、全国を網羅していた師檀関係は解体されてしまいました。 我が国の...
  • 550 販売中 2005/07/07
  • 閲覧(4,540) コメント(8)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?