資料:11件

  • 医療機器の耐震性評価
  • 1978年に発生した宮城県沖地震をきっかけに様々な構造物に対して耐震に関する実験が行われている。そのなかでは医療機器に焦点を合わせた実験も報告されている。 しかしながら、現在多くの医療機器は未だに耐震性に関する具体的な指標が考慮されることなく設計、製造が行われてい..
  • 540 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(904)
  • 直流電動機の負荷特性と速度制御
  • 1.目的 直流電動機の動作原理を学習し、機械的負荷を変えたときの回転数、トルク、入力電力などの変化を測定する。また、速度制御を容易に行なえることを学びとる。  2.原理 直流電動機は広範囲な速度範囲での運転を必要とする場合の駆動力源として、今日でも広く実用に供..
  • 540 販売中 2005/07/25
  • 閲覧(5,635)
  • 三相誘導電動機の動作原理を学習
  • 1.目的  三相誘導電動機の動作原理を学習し、実際に機械的な負荷をかけて、回転数、トルク、入力電力などを測定する。負荷の大小に無関係で速度はほぼ一定に維持されることを確認する。  2.原理  2.1構造   三相誘導電動機は産業用として最も一般的に用いられている電..
  • 540 販売中 2005/07/25
  • 閲覧(13,358) コメント(1)
  • デジタル回路実験
  • 1.目的 デジタル回路の基本的動作を理解する。回路の基本的動作を表現する方法と記号、真理値表、タイムチャートについて学ぶ。NAND, Flip, Flop, Counter, Adder回路の動作を実験的に確認し報告にまとめる。  2.理論 2.1デジタル量  アナログに対して、デジタルは最小の単位..
  • 540 販売中 2005/07/25
  • 閲覧(52,998)
  • 解析および実験 コンデンサの充電,ダイオード
  • 結局、システム微分方程式の解は次のようになる  時刻 では の値は最終値の約63%になる。この は「時定数(TimeConstant)」と呼ばれ、システムの応答の速さを示す大切な値である。 微分方程式を作る過程で とおいたことを思い出すと、時定数はコンデンサの容量と..
  • 540 販売中 2005/07/20
  • 閲覧(3,022) コメント(4)
  • 熱交換器
  • *熱交換器の種類 表面式熱交換器:壁によって分けられた空間に温度の異なる2種類の流体を流し、壁からの伝熱と壁と流体間の対流により2流体間の伝熱を行なわせる方式です。プレートフィン・チューブ式熱交換器はこの分類に属します。 蓄熱式熱交換器:固体で出来た蓄熱部に..
  • 540 販売中 2005/07/14
  • 閲覧(4,551)
  • 生命科学の概論
  • 細胞膜の主な機能は外界との仕切り、物質透過や情報伝達等の外界との相互作用、また化学反応や物理反応の場である。 リン脂質の二重層を基本構造とし、そこに蛋白質が埋め込まれたり付着したりしている。細胞膜としての機能を発揮するためには蛋白質の存在が必要である リン脂質..
  • 540 販売中 2005/07/14
  • 閲覧(962)
  • 流体力学実験・解析
  • 管摩擦によって失われるエネルギーを評価することにより、円管取り付け時におけるタンクからの液体流出速度を解析的に予測する。また理論値と実験値を比較し生じる差について考察する。  理論値と実験値の液面高さを見やすくしたものが、図2と図3である。  理論値と実験値のh..
  • 540 販売中 2005/07/14
  • 閲覧(3,215)
  • ガスの励起エネルギーの測定
  • 通常マクロの世界で見れば電圧の上昇にしたがって電流が増加することを フランク−ヘルツ管を用いてエネルギー・レベルが不連続的であることを確認した。 1. 理論 現在、マクロな世界において電流と電圧の関係は、オームの法則によって記述することができると考えられている。..
  • 540 販売中 2005/07/13
  • 閲覧(1,461)
  • 波動の伝播
  • 1 騒音問題とは 身の周りの様々な音のうち、人に好ましくない影響を及ぼす音、不必要な音、邪魔な音が騒音で、騒音のもたらす影響は、 〇睡眠妨害(眠れない、目が覚める…)  〇心理影響(うるさい、気になる、やかましい…)  〇活動妨害(会話妨害、テレビやラジオの聴取妨..
  • 540 販売中 2005/07/13
  • 閲覧(606)
  • PIDによる温度制御
  • PID制御とはP(Proportional,比例) I(Integral,積分) D(Differential,積分) の頭文字を取ったもので、制御対象の目標値と出力の差を操作量の基本とし、差の積分値と差の微分値を併用する事によって制御誤差の補正と応答速度を向上させようとするものである。  ・ 微分器 PI制御..
  • 540 販売中 2005/07/13
  • 閲覧(2,917)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?