資料:8件

  • 教科書問題
  • 1.教科書問題概観  まず概観として教科書問題論争の経緯を振り返る。 民間の「新しい歴史教科書をつくる会」が既存の7種類の中学歴史教科書に加えて新しい教科書を作成し、文部科学省の教科書検定調査審議会の検定に合格した。審議会では137カ所の修正を要求されたが、発行元の..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(2,160)
  • 国際政治学8
  • この章では、戦後の日本を揺さぶった二つの観念である、平和主義アイデンティティと現実主義アイデンティティという二重のアイデンティティから出てきた安全保障政策の歩みを考察した後に、戦後日本の安全保障政策とアイデンティティ変容の過程を考察する。最後には日本の安全保障..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,525)
  • 国際政治学7
  • ここでは、過去半世紀における日中関係の敬意を概観し、それを踏まえた上で、日中関係の今後を展望する。  まず、日中関係を考察する。日中戦争の時は停戦し抗日にあたっていた国民党と共産党の争いが再び勃発。戦いを経て共産党が勝利し、内戦に敗れた国民党は台湾に逃げ、1949年..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,332) コメント(3)
  • 戦後日米関係における日本外交のアイデンティティ
  • ここでは、戦後の日米関係を分析することで日本外交のアイデンティティを探っていく。  まず日米関係の全体像として3区分あげる。第一期はペリーの来航から日路線までであり、この時期は「日米友好の時代」である。ここから日米関係は始まる。第二期は日露戦争の終局から太平洋戦..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(3,403) コメント(1)
  • 国際政治学5
  • 本章は日本のテロ対策の特徴を戦略文化という視点から考察してきた。ブースによる戦略文化の定義とは「戦略文化という概念は、力の行使あるいはその脅しに関して、一国がもつ伝統、価値、態度、行動パターン、慣習、シンボル、実績、そして環境に適応し問題を解決する特有の方法に..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(928)
  • 国際政治学3
  • 第二次世界大戦の敗戦は、当然ながら、戦後の日本外交の枠組みに大きな影響を与えた。戦前のいわゆる「アジア主義」的な思想は、戦後は欧米先進国、特にアメリカとの協調の重視に転換したし、またいわゆる「吉田ドクトリン」と呼ばれる経済中心主義と国際的な不介入主義は戦後の日..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,302) コメント(1)
  • 国際政治学2
  • 日本社会における第二次世界大戦における議論は大体において、次の二つの「文脈」のいずれかに沿ってなされることが多い。その第一は、「道義」と「贖罪」である。この文脈に基づく議論は以下の3つの命題を中心に構成される。?さきの戦争は、日本が犯した「取り返しのつかない罪過..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,085) コメント(2)
  • 国際政治学1
  • 日本が黒船による強制的な開国によって不幸せになったという感慨は、ある点で日本国民の潜在意識下における複雑でアンビバレントな対米認識の反面の真実である。その「不幸せ感」は言うまでも無く近現代にほんの対外関係を含めたトータル的な意味での国家・国民のアイデンティティ..
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,195) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?