syokudouさん累積訪問者(52,499名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:24件

  • 経済学期末レポート
  • 今、2人の容疑者が別々に尋問を受けています。実は2人とも同じ犯罪組織に属しており、2人とも拳銃の売買の疑いで取調べを受けているのです。  「もし共に黙秘すれば、共に1年の懲役となる。共に自白すれば、共に5年の懲役となる。一方だけが自白した場合、自白したほ
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(2,734)
  • 社会保障論
  • 厚生年金の保険料率は段階的に引き上げられ、最終的に2017年には8.3%になる。一方、年金給付額ついては「所得代替率」が採用された。現役世代の手取り収入に対する年金額の割合のことで、平均的なサラリーマンの場合は平成23年度の所得代替率が50.3%になる。現在
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,045)
  • 社会学レポート
  • ?家族形態と家族関係について ・家族・・・定義→夫婦関係を基にして、そこから派生する親子・兄弟関係に派生する系譜を基にした基礎関係。 家族形態と家族関係とは ・家族形態の変遷は、従来型家族形態から近代型,現代型へと遷移する過程において,その構成員の数が減
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(14,462)
  • アメリカの対外戦略概要とその評価
  • 現在のアメリカのブッシュ政権は新保守主義(ネオコン)者が主導権を握っている。世界が、多国間条約を結んで国際秩序をつくることを重視する国際協調主義に対して、アメリカの一方的単独行動(ユニラテラリズム)のみで国際紛争の解決を図ろうとしていた。だが、9.11テロ以
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,356)
  • 教科書問題
  • 1.教科書問題概観  まず概観として教科書問題論争の経緯を振り返る。 民間の「新しい歴史教科書をつくる会」が既存の7種類の中学歴史教科書に加えて新しい教科書を作成し、文部科学省の教科書検定調査審議会の検定に合格した。審議会では137カ所の修正を要求されたが
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,603)
  • 憲法前文口語訳
  • 第一項  日本国民は、選挙で正しく少しの不正もなく、日本国民によって選び出された代表者である議員に意見を代弁させることによって、共に行動し、私たちや私たちの子どもたちの日本のために、多くの国の人々と心を合わせ協力した成果と、日本全土にわたって自由のもたらす恵
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,255)
  • 刑法総論論点
  • ・罪刑法定主義の定義 法律なければ犯罪なし、法律なければ刑罰なし。 →一定の行為を犯罪とし、これに刑罰を科するためには、その行為がなされる前に、犯罪と刑罰が法律によって規定されていなければならない ・罪刑法定主義の派生的原則 ?慣習刑法の排除・・・慣習
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(2,148)
  • 刑法各論要点
  • ◎刑法典における犯罪類型はどのように分類できるか? ?個人的法益に対する罪 ?社会的法益に対する罪 ?国家的法益に対する罪 ・殺人罪、傷害致死罪および過失致死罪の定義を示せ ?殺人罪・・・死の結果を意図的に実現する ?過失致死罪・・・直接、加害の意
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(2,483)
  • ゴーマニズム宣言書評
  • 「そんなバナナ」この言葉を見たり、聞いたことがある人は多いのではないだろうか。特に私のような現在、大学に通っている年代の人は特に。そう。この言葉は少年向きのギャグ漫画「おぼっちゃまくん」(今でも、私は思いっきり笑いたくなったら読んでいる。)で多用される造語で
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(941)
  • 国際政治学8
  • この章では、戦後の日本を揺さぶった二つの観念である、平和主義アイデンティティと現実主義アイデンティティという二重のアイデンティティから出てきた安全保障政策の歩みを考察した後に、戦後日本の安全保障政策とアイデンティティ変容の過程を考察する。最後には日本の安全保
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(1,260)
  • 国際政治学7
  • ここでは、過去半世紀における日中関係の敬意を概観し、それを踏まえた上で、日中関係の今後を展望する。  まず、日中関係を考察する。日中戦争の時は停戦し抗日にあたっていた国民党と共産党の争いが再び勃発。戦いを経て共産党が勝利し、内戦に敗れた国民党は台湾に逃げ、
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(949)
  • 戦後日米関係における日本外交のアイデンティティ
  • ここでは、戦後の日米関係を分析することで日本外交のアイデンティティを探っていく。  まず日米関係の全体像として3区分あげる。第一期はペリーの来航から日路線までであり、この時期は「日米友好の時代」である。ここから日米関係は始まる。第二期は日露戦争の終局から太
  • 550 販売中 2005/11/29
  • 閲覧(2,762)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?