連関資料 :: 児童虐待の現状について

資料:7件

  • 児童家庭福祉の現状を整理して、児童虐待についてその課題を論じなさい
  • 児童家庭福祉の現状を整理して、児童虐待についてその課題を論じなさい。  人口構造の面からみたわが国の特徴は、世界のなかでも極めて早いスピードで少子・高齢化が進行している点にある。   少子・高齢化が進んでいる背景には、いくつかの要因が考えられる。高齢化は、保健・医学的要因によりそのほとんどが説明できるが、少子化は極めて社会的な問題であり、夫婦あるいは個人の選択的要因もかなり大きい。2002年1月の将来推計人口では、当初の予想よりも少子化が進展していたため、厚生労働省は「少子化対策プラスワン」を発表した。 少子・高齢社会を背景とした新しい子育て、子育ちの文化は、しだいに国民の間に浸透しつつある。現在、団塊の世代の子どもたちが親世代へと移行しつつある。その子どもたちの世代が親となりつつある今、子育てをめぐる新たな福祉問題が社会のなかで生起してきている。  それらの問題は大きく4つに分けられる。1.子どもの成長・発達をめぐる問題―現在は身体的発達における問題点以上に、生活習慣病、食環境や日常生活との関連が疑われる病気が増加しており、また基礎体力の低下も指摘されている。さらに、小児慢性特定疾患
  • 福祉 子ども 社会 少子化 発達 学校 児童 問題 高齢化 地域 虐待
  • 550 販売中 2009/10/07
  • 閲覧(5,284)
  • 児童虐待現状を踏まえた今後の施策の方向性
  • 平成12年11月20日に、児童虐待の防止に関する法律「児童虐待防止法」が施行され、各自治体においても虐待防止に向けた様々な取り組みが行われているが、児童虐待の相談処理件数は、平成11年度11631件であったのに対し、平成15年度においては26569件と2倍以上に増加している。また、最近では新聞やTVでの報道等にも取り上げられるような、死亡に至るような重篤な事例もあり、このような事例のデータを元に考察し、児童虐待における現状と問題点を踏まえ、今後の国の施策の方向性についてまとめ、以下に意見を述べる。  「児童虐待死亡事例の検証と今後の虐待防止策についての報告(平成16年2月27日)」によると、平成15年6月末までに厚生労働省が把握している125件(127人死亡)の虐待死亡事例について、被虐待児の年齢構成は、0歳児37.8%、次いで1歳児が15.7%、2歳3歳児ともに12.6%と全体の約8割を占め、幼稚園入学頃の4歳児から割合は減少傾向となるが、就学前までの6歳未満児が全体の約9割を占めている。また、虐待者を見てみると、実母によるものが53.8%と半数を超え、次いで実父によるものが18.
  • 児童 児童虐待 虐待
  • 550 販売中 2008/07/22
  • 閲覧(4,317)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?