連関資料 :: 死刑制度と憲法を考える

資料:1,804件

  • 死刑制度の合憲性
  • 論点となっているのは死刑制度憲法36条に明記された「残虐な刑罰」にあたるかどうかということである。憲法36条にてついて昭和23年大法廷判決では次のように述べている。「弁護人は、憲法第36条が残虐な刑罰を絶対に禁ずる旨を定めているのを根拠として、刑法死刑の規定は憲法違反だと主張す
  • 環境 憲法 福祉 刑法 死刑 社会 文化 法律 国際
  • 550 販売中 638936/08/28
  • 閲覧(9,848)
  • 日本国憲法と国民主権について
  • 国民主権について考えるときにおいても、非常に問題を抱えた部分であるが、憲法学においては、「ウエストファリア会議(1647年)によってはじめて公認された、一定の地域、一定の人民に対し、排他的な支配、つまり自己の意思の貫徹を及ぼすことのできる政治的共同体指す」が、通説である。近代国家
  • レポート 法学 憲法 国民主権 国民の義務
  • 1,650 販売中 637671/07/29
  • 閲覧(3,269)
  • 盗聴法=通信傍受法を考える
  • それがひとつの憲法下にある法律によって制限されるというのは許されることではないと私は考える。確かに、一般市民が盗聴するのではなく、操作機関が通信傍受法第3条1項で記述されているように、犯罪を疑うに足りる「十分な理由」を満たした上で、行うものであるから、プライパシーの権利は侵してい
  • レポート 法学 プライパシー 憲法 13条 33条 理由
  • 550 販売中 637969/06/15
  • 閲覧(1,658)
  • 日本国憲法と基本的人権
  • 上、当然に享有できる普遍的な権利である。しかし、日本国憲法は、第3 章に「国民の権利及び義務」と表題をつけ、また、11 条、12 条、1...ることと、法人が現代社会において一個の社会的実態として重要な活動を行っていることから、性質上、可能な限り、法人にも適用されると考える...
  • レポート 法学 憲法 基本的人権 人権享有主体
  • 550 販売中 637662/04/16
  • 閲覧(2,127)
  • 死刑制度の現状と考察
  • 現在の世界において世界の主要国において死刑制度が残っているのは日本とアメリカくらいのものである。ヨーロッパではほとんどの国が死刑制度を廃止している。ロシアでは未だ死刑制度は残っているもののこの10年以上の間死刑は執行されていない。この死刑制度に対しては賛否両論が巻き起こっており、
  • 社会学 法学 死刑 制度
  • 550 販売中 638318/07/16
  • 閲覧(6,229)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?