連関資料 :: 従軍慰安婦

資料:3件

  • 従軍慰安について
  • 昭和期前半の従軍慰安婦、RAAで働かされた女性達を調べて、女性の人権など全く考えられていないと思った。現在の日本ではあり得ないことだけにショックであった。長い間、教育においても男尊女卑の風潮により、当時の女性の多くには学がなかった。戦時中、「お国のために働くことはよいことだ」とすり込まれ、それしか知らなかった者も多いのではないかと思われる。まるで今の北朝鮮社会のようだ。何も知らない彼女らは騙され、売り飛ばされ、地獄のような生活を送ってきた。従軍慰安婦の戦後補償において、はっきりしたことは調べていないが、まだ問題は解決されていない。未だにトラウマの残っている人、その他の後遺症を抱えている人はたくさんいる。 敗戦直後の混乱状態においても、家を焼かれ、身寄りも職もなく、生活手段を失った彼女たちを政府は救うどころか奈落のそこに突き落としたのだ。そんな中でも自分が利用されているとは知らずに、純粋にお国のために奉仕してきたと思っている女性がいたことを考えると、彼女達は幸せでなくとも充実していたのかとも考えてしまう。 しかし、これら過去にあった事実を知って残念に思うことは確かだ。戦争が終わり、片や「洋裁の時代だ」とドレスメーカー女学院通う者もいるというのに。慰安婦とされた女性達は何のために「性の防波堤」となったのだろうか。戦争以前からの思想では仕方なく、過ぎてしまったことと言われればそれまでだが、真の「防波堤」を築くならば、連合軍に対して、初めから売春を許さないという強い態度を取るべきだったのではないだろうか。 以上のことをふまえて現代のことを考えてみた。援助交際など、多少かたちはかわりつつあるものの売春問題は後を絶たない。もし、現在売春を行っている者達が戦時中、戦後の日本にいったらどうするのだろう。やはり進んで売春をするのであろうか。また、そうでない者がいった場合、周りに流され、せざるを得なくなってしまうのだろうか。今の社会、男女平等といわれ、女性もきちんとした教育が受けられるようになり、社会でも立場が認められてきた。このことを考えると、自らを商品化している女性達に、もっと自分のことを、そして自らの価値を下げるような行為に対してよく考えてほしいとも思った。 今回調べたことほんの一部にすぎず、実態を知るには売娼・公娼の歴史から調べていかなければならないと感じた。今回はそこまで至らなかったが、日本人の戦後問題として「知らなかった」で済ませてはいけないことについて知ることができたこと。また、女性の人権問題についても考える機会になってよかったと思っている。
  • レポート 女性問題 従軍慰安婦問題 戦争
  • 550 販売中 2005/08/24
  • 閲覧(2,114)
  • 従軍慰安の告白
  • 授業は、満16歳のときに騙されて「慰安婦」をするように強制された宋神道さんにスポットを当てて進んでいった。宋さんの言葉や略歴を見返してみても騙されて連行されていった従軍慰安婦の悲惨さが伝わってくる。宋さんは日本政府に対し、謝罪と賠償を求めて裁判を起こしたが敗訴している。日本人には従軍慰安婦に対する理解が足りないのではないかと思い、授業でもあげられていた 「従軍慰安婦」吉見義行著を読んでみた。 「従軍慰安婦」とは日本軍の管理下におかれ、無権利状態のまま一定の期間拘束され、将兵に性的奉仕をさせられた女性たちのことである。 女性に対する重大な人権侵害でありかつ国家犯罪・戦争犯罪の問題も含む従軍慰安婦問題は、「韓国挺身隊問題対策協議会」などを中心とする韓国の女性運動によって問題が社会化するまでは社会的な関心を払われていなかった。日本政府は当初、国家・軍の関与を否定したが、韓国の女性団体が「真の道義を備えた民主主義国家」となることを求めた声明を出すと日本政府は軍や官憲の関与と慰安婦の徴収・使役での強制を認め、問題の本質が重大な人権侵害であることを承認した。しかし、政府の出した見解には問題点が三つある。第一に、軍の関与を間接的なものとしていること。第二に、中国・台湾・東南アジア・太平洋地域の住民については言及していないこと。第三に、反省しただけにとどまっており、徹底した真相解明、罪の承認と謝罪、賠償、再発防止措置など当然言及されるべきことが欠けている点である。そして日本政府は公式に謝罪したとはいえ、国と国との間の請求権は決着ずみとし、個人の補償は行えないとの態度は変更していない。 慰安婦はどのようにして集められたのだろうか。日本からの場合、未成年者の売春を禁止した国際条約に日本も加盟しており、それを意識しなければならなかった関係上、慰安婦は貸し座敷(遊郭)などから集められた。
  • レポート 社会学 従軍慰安婦 平和 戦争責任
  • 550 販売中 2006/08/05
  • 閲覧(3,220)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?