minioneさんの資料 / タグ / レポート

資料:30件

  • スーパービジョンの目的
  • スーパービジョンは主として二つの目的を持っている。一つは管理的スーパービジョンであり、もう一つは教育的スーパービジョンである。この両者はお互いに関連しあっている。前者は所属する機関の規律、クライアントに対する責任、約束事項、倫理基準と比較的教えやすく、伝えやす..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(14,380) コメント(7)
  • 高齢者・児童虐待
  • 超高齢社会を迎えるわが国において、高齢者虐待は誰でも当てはまる共通の課題となっている。高齢者の人権を侵害する虐待は、高齢者自身が自分で訴えるだけの体力や知力が衰えており、その上、「お世話をかけている」という意識が社会的に声をあげることを妨げている。子どもと正反..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(2,294) コメント(3)
  • 予言の自己成就
  • 物象化の認識上の帰結は、社会現象の原因と結果をしばしば取り違えてしまうことがある。一連の活動や意識や関係の〈結果〉として生じた現象を、逆に一連の現象の〈原因〉と錯視してしまうのである。社会現象にはしばしば「結果が原因となり、原因が結果となる」因果系列のメビウス..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(7,872) コメント(2)
  • 憲法第25条生存権の保障について
  • 生存権は、人間たるに値する生存又は生活を保障する権利である。資本主義の高度化に伴って、失業・貧困・労働条件の悪化のために20世紀に入って、保障されるようになった社会権の一つである。わが国の憲法第25条は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(18,613) コメント(3)
  • 介護保険施行後の高齢者福祉
  • 寝たきりや痴呆の高齢者の急増、家族の介護機能の変化などから、高齢者介護問題は老後の最大の不安要因となっている。高齢者介護サービスは、これまでの制度においては、老人福祉と老人保健の二つの異なる制度の下で提供されていた事から、利用手続や利用者負担の面で不均衡があっ..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(1,181) コメント(7)
  • 社会福祉基礎構造改革について
  • 戦後直後に、生活困窮者の保護・救済を主なねらいとして整備された日本の社会福祉法制は、その後の状況の変化に応じて改正されてきた。しかし、近年、国民の需要の普遍化と多様化の中で根本的な見直しが図られた。 社会福祉基礎構造改革では、個人が選択できる福祉に転換すること..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(28,572) コメント(8)
  • 児童福祉分野の社会福祉基礎構造改革
  • 1994年のエンゼルプラン、1997年の保育所を選択する仕組みの導入を盛り込んだ児童福祉法の改正あり、わが国の社会福祉の基礎的システムを改革する方向が打ち出された。この社会福祉基礎構造改革では、福祉サービスを必要とする人々の人権が擁護され、利用者本位のサービス展開が図..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(2,971)
  • 標本抽出について
  • 標本抽出には様々な手法があるが、無作為抽出法には単純無作為抽出法、系統抽出法、層化抽出法がある。より客観的な基準で標本を母集団の個々の要素が等しい抽出確率を持つように、標本抽出を行う方法である。つまり、母集団から、その母集団と同様の特性値を持つ標本を抽出できる..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(3,254) コメント(1)
  • 地域援助技術の歴史
  • 地域援助技術は、地域社会の住民組織や福祉施設や行政機関などに働きかけ、その協働活動として福祉的な環境の基盤を図ろうとするものであり、住民参加の福祉活動の援助、社会資源の開発、福祉と保健・医療などの連絡調整である。もとは、イギリスやアメリカのCOS(事前組織協会..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(4,940) コメント(2)
  • SSTとは・・・
  • SST(生活技能訓練)は、主に統合失調症を始めとする慢性精神障害者が、様々な社会的ストレスに対処し、社会的役割を果たすことができる生活技能を高め、再発を防止するためのリハビリテーションの一つである。薬物療法や精神療法などにより症状が改善した後、対人関係のぎこち..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(16,471) コメント(1)
  • 集団援助技術の展開過程
  • 集団援助技術(グループワーク)は、準備期、開始期、作業期、終結期の4段階の流れに沿って援助を行う。準備期では施設などでの集団援助技術の必要が生じ、援助者が開始前の準備をし、利用者に接触をはじめるまでの段階である。問題を明確化し、とりあえずの活動目標を設定する。..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(10,285) コメント(4)
  • 個別援助技術の展開過程
  • 個別援助技術は、利用者の心理的、具体的ニーズを満たす事と、福祉施設・機関の機能を活用し、利用者の直面する問題解決を手助けすることが基本的な目的となる。利用者の主体性を尊重し、福祉サービスを提供する際には利用者の自己決定を支援しなければならない。個別援助技術の展..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(3,834) コメント(11)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?