資料:34件

  • 地球社会研究論
  • 地球社会研究というこの一連の授業を受けて私が感じた事、そして浮き出てきた疑問は、他の文化を真に理解できるのか?むしろ理解できているのか?そしてその文化がどんな文化であれ認めるべきなのか?ということである。これをテーマとして設定したい。言い換えれば、グローバリゼ..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(828) コメント(1)
  • 生命システム論
  • 私は、生命の仕組みで、興味ある分野は、特になく、今まで体や生命システムについての話など特に考えることもなく。中学校の理科で少し習ったことがあるな、という程度であった。この授業を受けて、私が一番印象に残ったことは、ホメオスターシスの機能のすごさである。  ホメオス..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,374)
  • 商標からブランドへ
  • 商標からブランドへ、という話を授業で取り扱った。そもそも商標という言葉のほうが、ブランドという言葉よりも馴染みが薄い。私自身も商標に対しては『マーク』くらいのイメージしかもっていなかった。逆に、ブランドといえば私たちにとても馴染みが深い言葉である。若い女性から..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(635) コメント(1)
  • スポーツ科学について
  • 私たちの身近にあるスポーツであるが、私たちはそれをはたして学問ととらえているであろうか。学問とスポーツは別物と勝手に学問としては捉えてないのではないだろうか。だとしたら、それは大きな間違いであるだろう。一番身近にあるものほどその研究価値は高いだろう。私たちは誰..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,237) コメント(1)
  • 現代の科学技術について
  • ず、電子情報通信技術の未来について述べようと思う。私は、実際初めて電子情報通信技術という言葉を耳にしたときは実感がわかず、多少の戸惑いを感じた。学校全体が文系な学校であるのが原因かもしれないが化学や生物系の話は大学に入ってぱったりと聞かない。ただ、科学について..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(2,064)
  • 「現場」学者中国を行くを読んで
  • 関氏は自分の講演会で、人々に、まず話し始めに、中国のある地名に行ったことがあるか尋ねる。すると3〜5人の人しか手をあげない。関先生はそこで「今ごろ中国を見ないでよくやっていけますね。」と脅す。それ位、現場の中国は、日本人が思っている以上に発展している。この本を..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(628)
  • マスコミにおける脱感作理論
  • 脱感作理論というマスコミに関する理論に再び注目することにした。この理論に関して、最近関心をもつ世の中の出来事として、まずあげられるのが、少年犯罪の激増である。TVニュースをみてわかるように、最近の殺人事件で最も世の中を震撼させているものの一つとして、未成年の殺..
  • 550 販売中 2005/07/28
  • 閲覧(1,549)
  • スポーツ文化論
  • 私たちの班では、去年、今年と何かと注目を浴びている、プロ野球の経営状態について、新規参入の企業などの状況や目論見なども含め、様々な視点から考えてみた。日本にある大きなスポーツのリーグは、現在プロ野球とJリーグに二極化されている。この一方である、プロ野球が変わろ..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(2,173) コメント(3)
  • IT技術と私
  • いまや、IT技術といえば、この日本の市場だけでも、様々なものがあげられる。だが、私たちに一番身近で、なおかつ使用頻度の高いものといえば、間違いなくインターネットだろう。インターネットによる情報の獲得はまさに情報科学技術そのものではないだろうか。インターネットが..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(786) コメント(1)
  • 地下空間利用案
  • 地下空間の利用というものは、私たちの生活が、これから複雑化する一方で、必ずしも必要となってくるものであろう。今回、この授業を聞くまでは、私にとって地下空間利用とは、ここまで現実的に始動しているものだとは知らなかった。だが、確かに、地下鉄、海中トンネルなどを中心..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(1,204) コメント(1)
  • 客観報道の存続と現代人の危険性
  • 私たちは、普段マスコミを通じて情報を入手している。もちろん、国内で起こったことに限らず、海外で起こったことも基本的にはマスコミを媒介として、あれこれ情報を得ていることになるだろう。海外で、事件が起こったからといってわざわざ現地まで赴き自分の目で、ことの真相を確..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(941) コメント(5)
  • 経営学原理
  • 1 株主総会はなぜ形式でしかないのか。また日本ではなぜ形骸化しているのか。  株式会社の重要な指針決定の場であり、または、投資者との数少ない意見交流の場であるはずの、株式総会がなぜこのようなことになっているのだろうか。株式会社においては、株主総会が、重要事項を..
  • 550 販売中 2005/07/26
  • 閲覧(962)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?