資料:14件

  • ネットワーク基礎
  • 1. TCP/IPネットワークでDNSサーバーが果たす役割を説明しなさい。  TCP/IP で通信するには、通信したい相手側のIP アドレスが必要となる。しかし、IPアドレスは人間にとって覚えにくく、また、相手がIP アドレスを変更した場合、こちらに通知してくれないと通信できなくなる。そ..
  • 550 販売中 2005/12/20
  • 閲覧(1,391)
  • ネットワーク構築の基礎
  • 第1章 序論  数年前には、企業や学校など限られた場所にしかパソコンは設置されておらず、インターネットは大多数の人にとって、あまりなじみのないものだった。しかし、近年のパソコンの普及や技術の革新に伴い、現在では、個人ユーザーでもISDNやADSL、光通信など、大容量の通..
  • 880 販売中 2005/12/20
  • 閲覧(1,686)
  • レーザー発振しきい値を下げる方法
  • レーザーの発振しきい値を下げるための具体的な対策について述べよ。 ?最初の半導体レーザはホモ接合のレーザだが、レーザGaAs 発振に必要な最低電流密度であるしきい値がきわめて高かった。その後、光を導波路中に閉じ込める様々な努力、ストライプ状の電極にする方法、AlGaAs と..
  • 550 販売中 2005/10/31
  • 閲覧(4,625)
  • ウェーブレット変換について
  • ■ウェーブレット変換についてフーリエ変換短時間フーリエ変換、、の変換方式の特徴(違い)と関連づけて説明せよ。 フーリエ変換は、時間信号と関数群を積分し、解析信号の構成周波数成分の強さを表すものである。フーリエ変換を行うと、変換後は周波数のみの関数となり、時間関数..
  • 550 販売中 2005/10/31
  • 閲覧(2,738)
  • パワー半導体デバイスの電圧・電流特性
  • ■ダイオード p n 2 タイプのスイッチ、すなわち主電極間に加わる電圧の極性のみによってその導通、非導通が決まるデバイ スである。パワーエレクトロニクスで使用されるダイオードは、電力用という以外は基本的には電子回路で使用するものと同じである。しかし、そのほとんどは..
  • 550 販売中 2005/10/31
  • 閲覧(3,272)
  • Linux OSでのWebサーバー構築
  • 1. 目的 Linux OS の特徴を知り、ウェブサーバーの構築を行う。 2. wwwサーバーの原理 HTML での情報のやり取りには、「情報を提供する機能(サーバー機能)」と、「情報を取りに行く機能(クライアント機能)」が必要である。 www クライアント機能はHTML で記述されたウェブペー..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(1,130)
  • セルオートマトン
  • 1. セルオートマトンとは    離散的な状態が、ある法則に従って離散時間で変化する数理モデル。1950年代にノイマンとウラムによって生物の自己増殖をモデル化するために考案され、生物の進化モデルに利用されるとともに、80年代後半には格子ガスオートマトン、格子ボルツマン法な..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(1,839)
  • ナノスパーク光源
  • ■特徴                   高輝度の光パルスは、大気中での大きな電流が流れ、放電が起こることにより発生する。輝度は、半値幅twと波高hに左右され、twが小さく、hが大きいこととが望ましい。上図のような電気回路を利用すると、理想的な波形を容易に作成しやすくなる。ま..
  • 550 販売中 2005/10/12
  • 閲覧(1,291)
  • GPIDによる自動測定システム構築について
  • 1.GPIDによる自動測定システム構\築について 測定事象が複雑になるにつれ、電圧計や電流計の値を目で読み、ノートに記録することは困難となる。以下のような場合において、データを自動的にパソ\コンに記録する自動計測方法が用いられる。 ・RC回路の過渡現象、トランジスタの..
  • 550 販売中 2005/10/12
  • 閲覧(2,479)
  • 数値解析について
  • オイラー法は、時間が進むに連れて誤差がどんどん大きくなっていくが、ルンゲ・クッタ法では、ほとんど誤差が発生しない。ルンゲ・クッタ法の精度が非常によいことが確認できた。プロットしたグラフにおいては、ルンゲ・クッタ法と解析解のグラフが重なってしまったため、ルンゲ・..
  • 550 販売中 2005/10/12
  • 閲覧(2,077) コメント(1)
  • 超音波による液体の微粒化
  • 我々の身の回りには、塗料や食品など、多品種の微粒化された製品が存在する。我々の快適な生活は微粒化技術によって保証されており、もはや微粒子なくしては生活が成り立たないと言っても過言ではないだろう。  液体の微粒化にはノズルが使用され、一度に多数、かつ均一な微粒子が..
  • 550 販売中 2005/10/12
  • 閲覧(989)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?