資料:8件

  • 集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ
  • (1)手段援助技術の原則 集団援助技術(以下グループワークとする)とは、個人のパーソナリティ(人格・性格)の成長・発達と社会的適応を図るために、集団活動をとおして援助する技術である。グループワークは、集団のメンバーと援助者(グループワーカー)との相互関係や、集...
  • 550 販売中 2006/09/06
  • 閲覧(3,468) コメント(1)
  • 個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について
  • 1・ケースワークの原則 ケースワーク(個別援助技術)は、心理的・社会的な生活課題を抱えている個人や家族に対して、その課題を解決するために個別的に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの専門的で信頼的な人間関係のうえに成立する。 利用者...
  • 550 販売中 2006/09/06
  • 閲覧(3,927) コメント(1)
  • 戦後の社会福祉の展開と今日の課題について
  • わが国の福祉システムは、第二次世界大戦を敗戦という結果で迎えた、昭和20年8月、連合国総司令部(GH Q)の指導のもと始まった。当時、国民は総飢餓状態にあり、国家的規模で貧困者救済と経済復興が急務であった。 昭和20年12月、日本政府は、応急措置として、「生活困窮者緊急...
  • 550 販売中 2006/09/06
  • 閲覧(3,329) コメント(1)
  • 観察法と実験法について
  • 観察法について 観察法(observational method)とは、事象を注意深く見極めることであり、基本的な資料収集の手段である。心理学における研究方法の中でも最も基本的な手法で、特に、乳幼児や児童を対象とする研究分野でさかんに取り入れられている手法である。観察法には、自然...
  • 550 販売中 2006/04/13
  • 閲覧(7,221) コメント(2)
  • 面接法と質問紙法について
  • (1)面接法 日常生活のあらゆる面で、私たちはコミュニケーションの受け手であると同時に送り手でもあり、他者と絶えず相互関係を行い影響を与え合っている。このような双方向的な対人コミュニケーションのうち、もっとも基本的なスタイルが会話であり、面接は会話を通して行わ...
  • 550 販売中 2006/04/13
  • 閲覧(3,156)
  • 福祉国家の思想と原理について述べよ
  • 福祉国家の基礎とされるものは、主として資本主義のもと、国民全体の福祉増進を確保し、すべての国民に人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする、「社会保障制度の構築」が挙げられる。福祉国家の思想とは、社会保障制度を、「国家の義務」として実践することであり、福...
  • 550 販売中 2006/04/13
  • 閲覧(3,136) コメント(6)
  • 精神保健福祉施策の概要ついて述べよ
  • 1. 精神保健対策のあゆみ わが国の精神障害者への社会的支援は、主に寺社などの慈善事業として行われてきた。 戦後、欧米の精神衛生に関する知見が導入され、適切な医療、保護の確保とその発生予防のため、昭和25年に精神衛生法が制定され、昭和40年に精神衛生法が改正された...
  • 550 販売中 2006/02/28
  • 閲覧(2,784) コメント(1)
  • 生活習慣病について
  • 1. 生活習慣病対策のあゆみ 「成人病」という言葉は、昭和32年に開催された成人病対策協議会連盟の議事録に「成人病とは主として脳卒中、ガンなどの悪性腫瘍、心臓病などの40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも高位を占め、40〜60歳位の働き盛りに多い疾患...
  • 550 販売中 2006/02/28
  • 閲覧(1,934)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?