資料:78件

  • 詐欺罪
  • 【参考判例】最判昭和30年7月7日(百選?43事件) 一、Xの罪責について  1(1)本問では、Xは、当初から所持金も支払の意思もないにもかかわらず、3日間ホテルAに宿泊し、朝食を食べ、「Yを送ってくる」と言って従業員C,Dを唆して逃走し、代金の支払を免れているので、詐..
  • 550 販売中 2006/01/03
  • 閲覧(2,538)
  • 刑法各論 情報窃盗
  • 【参考判例】東京地裁昭和59年6月28日・東京高裁昭和56年8月25日 ? Xの罪責について  1 本件において、Xは、預かっていた鍵で金庫を開け、A大学の入試問題を写真に撮影した。この行為につき、窃盗罪(235条)または、業務上横領罪(253条)のいずれが成立するか。 (1)まず..
  • 550 販売中 2006/01/03
  • 閲覧(2,320)
  • 強制わいせつ罪の成否
  • 【判例】最高裁昭和45年1月29日  被告人Xは、内妻A女がB女(当時23歳)の手引きにより東京方面に逃げたものと信じ、これを詰問すべく、アパート内の自室にB女を呼び出し、A女とともに、約2時間にわたりB女を脅迫し、B女が許しを請うのに対し、その裸体写真を撮ってその仕返し..
  • 550 販売中 2005/11/04
  • 閲覧(1,529)
  • 安楽死 横浜地裁平成7年3月28日判決類似の事案
  • 1(事案と罪責)  本問は、大学病院の医師Xが、末期症状の患者Aの妻Bから要請を受けて、心停止の副作用のある薬剤を患者Aに注射して同人を死亡させたという事案である。本問では、患者Aは医師Xに嘱託をしていないため、嘱託殺人罪(202条後段)の構成要件には該当せず、X..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(2,688)
  • 背信的悪意者からの転得者
  • 1 本判決の争点  本判決における争点は、?Cは背信的悪意者か、?Cが背信的悪意者であるとして、その転得者Yは、Y自身が背信的悪意者にあたるか否かを問わず、当然に177条の第三者から排除されるのか、?Xは、Yに所有権取得を対抗できない場合でも、その道路管理を対抗するこ..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(3,304) コメント(1)
  • 小説「宴のあと」事件
  • 【判旨】一部容認、一部棄却 1 プライバシーの権利性 「近代法の根本理念の一つであり、また日本国憲法のよって立つところでもある個人の尊厳という思想は、相互の人格が尊重され、不当な干渉から自我が保護されることによってはじめて確実なものとなるのであって、そのためには..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(2,293) コメント(3)
  • 刑法各論 酩酊運転致死罪の事案
  • 1(事案と罪責)  本件は、Xが酒を飲み酩酊状態で自動車を運転中、対向車線を走っていたBの自動車と衝突し、Bを死亡させた事案である。Xは飲酒による酩酊状態で車を運転し、その結果Bを死亡させているため、酩酊運転致死罪(208条の2前段)に該当する。  以下、Xの行為の..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(987) コメント(1)
  • 裁判傍聴レポート 電磁的公正証書原本不実記録・同共用、偽証
  • A 傍聴の概要 1.傍聴日時: 平成17年5月18日(水)1時40分から2時40分 2.裁判所名・法廷番号: 京都地方裁判所・第205号法廷(2階) 3.事件名: 平成17年(わ)第414号 電磁的公正証書原本不実記録・同共用、偽証 ..... 当日傍聴したものの今回のレポートには記載していない..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(3,203)
  • <因果関係>福知山線 脱線事故に関する考察
  • まず、はじめに置石をした者を「A」、速度超過した電車の運転士を「B」と仮定する。また、事故の原因として置石と電車の速度超過運転の両方の行為が同時にあったことと、それを行なったA・B両名には意思の連絡がなかったことを前提に、以下の2通りに場合分けをする。 ?置石と..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(1,450)
  • 株式会社 資本充実の原則
  • ■資本充実の原則 会社の設立または新株発行の際に、資本はこれに相当する財産によって、実質的に充実されなければならないとする原則をいう。 【資本】 株式会社において、会社債権者保護のため、株主(社員)の出資を一定金額以上会社財産として保有させる仕組みである。 意義..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(2,057)
  • 幼児の逸失利益の算定基準に関する考察
  • ■幼児の遺失利益 「幼児の逸失利益」は、幼児が交通事故などで死亡した場合に問題となる。 一般に、幼児には収入がない。しかし、収入がない点では、高校生・大学生・失業者なども同様である。しかし、収入がない点では同様であっても、これらの者と幼児とでは将来における収入..
  • 550 販売中 2005/10/15
  • 閲覧(1,393)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?