資料:1件

  • 南方熊楠『神社合祀反対意見』の要約
  • 明治三十九年末、原内閣が出した合祀令は、一町村に一社を標準とする政策である。神社には必ず神職を置き、村社、無格社には報酬を出した。しかし、この合祀令の末項には、村社は一年に百二十円以上、無格社は六十円以上の常収のある方法を立てて、祭典を全うし崇敬の実を挙げさせ...
  • 550 販売中 2006/02/05
  • 閲覧(2,133)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?