mtyukiさんの資料 / タグ / レポート

資料:6件

  • 二重らせん
  • 「DNAは遺伝子の本体であり、二重らせん構造をとっている」。現在、このことは中学生でも知っているような、生物学の常識である。しかし、DNAの二重らせん構造が発見されたのは、実は1953年、今からたったの50年ほど前でしかない。  今回『二重らせん』を読んで、この二重らせん構..
  • 550 販売中 2006/01/07
  • 閲覧(3,152)
  • 近接場光と光スイッチ、光メモリ
  • ・「近接場光」  たとえば、光ファイバー内を伝わる光を考えてみる。光ファイバーの直径が光の波長よりも大きいため、光の波は光ファイバーの中を自由に伝わっていくことができる。光ファイバーの直径が波長より小さくなると、もはや波長ぶんの長さを確保できず、波のかたちをとれ..
  • 550 販売中 2006/01/07
  • 閲覧(1,916)
  • マイクロプロセッサとは何か
  • コンピュータ内で基本的な演算処理を行う、いわばコンピュータの心臓部に当たる半導体チップ。「MPU」と略される。歴史的には、コンピュータの演算処理は複数の半導体チップが連携して行っており、この半導体チップ群を「中央処理装置(CPU)」と呼んでいた。マイクロプロセッサは中..
  • 550 販売中 2006/01/07
  • 閲覧(2,088)
  • ナノフォトニクスの将来
  • ナノ光デバイス、ナノ光スイッチ、ナノ光源、ナノ光集積回路などのナノフォトニックデバイスをつくるためには、ナノフォトニクスによる新しい光加工を用いて、多様な材料を堆積させ、近接場光エネルギーが移動できるように、寸法、位置の精度を1nmよりも小さくしなければならない。..
  • 550 販売中 2006/01/07
  • 閲覧(1,600)
  • ナノフォトニクス
  • 光については、17世紀から議論が始まっていた。光はエネルギーの塊であるというニュートンの「光の粒子説」と、光は波であるというホイヘンスの「光の波動説」は、17世紀以降長い間対立していたが、1905年、アインシュタインにより、光はエネルギーの塊、波の両方の性質を持つとい..
  • 550 販売中 2006/01/07
  • 閲覧(1,339)
  • 細胞内カルシウムイオン濃度の上昇
  • カルシウムイオン濃度は、細胞外では1〜2mMに、細胞内ではその約1000分の1の濃度の、50〜100nMに維持されている。様々な種類のカルシウムチャネルが開くことにより、細胞内に濃度1万倍のカルシウムイオンが流入する。また、細胞内小器官の小胞体、ミトコンドリアにも高濃度のカルシ..
  • 550 販売中 2006/01/07
  • 閲覧(19,407)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?