一緒に購入された資料 :: 保護観察官について

資料:6件

  • 出生前診断の事例において考慮すべき倫理的社会諸問題について
  • 今回事例になっている女性Aさんには3人の男の子がおり、その中でも2人の子どもが色覚異常であり、一番下の子はまだ判らない状況である。この家庭状況から考えると、経済的にも精神的にも苦しい状況を想像した。しかし、今回の事例にあるAさんは妊娠している子供が女の子だったら..
  • 550 販売中 2005/06/30
  • 閲覧(5,359)
  • 安楽死や尊厳死の是非
  • 近年、わが国でも広義の「安楽死」に対する是非が議論を呼んでいる。これは、医療技術の目覚しい発展によって、一命を取り止められることが可能\となったが、治る見込みのない末期ガンや進行性難病などで余命数ヶ月と言われ、病院のベッド上から外出も出来ないほど衰弱し、毎日激し..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(22,599)
  • 生命倫理
  • 遺伝子治療、人工授精、臓器移植と、いまや医学はいのちの誕生にまで手を加えるようになってきている。それが特定の人々によって管理されるとしたら事態は重大である。クローニングにしても、人間に応用できる技術を開発しようと、国際的に活発な研究と開発が進められている。また..
  • 550 販売中 2006/01/05
  • 閲覧(1,756)
  • 犯罪原因論と犯罪者処遇の現在
  • 序  犯罪の原因は何かという問題は、古来、人々の関心の対象であったし、今日もそうである。われわれは、凶悪な犯罪が起きると、何とかその原因を知り、同種の犯罪を防止したいと思う。犯罪学においても、その誕生以来、関心の対象であり続けている。犯罪の原因についての見解には..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(4,297)
  • 安楽死について
  • 安楽死について  日本では「安楽死」は法律上認められていないが、オランダでは国家としては初めて「安楽死」を合法化した。年間の死者の3%が「安楽死」で亡くなっている。またアメリカではオレゴン州で1997年に「安楽死」を認めている。安楽死が良いか悪いか、国家レベルでの判..
  • 550 販売中 2006/02/16
  • 閲覧(6,800)
  • 性犯罪受刑者の出所情報
  • 性犯罪受刑者の出所情報の公開については二〇〇四年十一月十七日に起きた奈良市の女児誘拐殺人事件が発端とされる。この事件を契機にして、児童に対する性犯罪者の情報の登録や公表が問題とされるようになった。英米では既に「メーガン法」として一九九〇年代に多くの州で制定・導..
  • 550 販売中 2008/02/11
  • 閲覧(1,494)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?