piyopiyoさんの資料 / タグ / レポート

資料:13件

  • 取締役の責任について
  • (本文)  取締役は、会社に対して、一般的に善良なる管理者の注意義務、忠実義務(254条3項、254条の3、民法644条)、さらに、具体的に競業避止義務、自己取引に関する義務(264条、265条)を負う。これらの義務違反などについて取締役は会社に対して一定の責任を負わなければな..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(2,239)
  • 文書偽造の罪について
  • (本文)  以下において、Xの刑事責任について検討することにする。  県立高校の校長であるXはAを合格させるために、入学試験の答案であるAの解答用紙を書き換え、入試委員会に提出している。これだけを見ていくと、偽造罪にあたるだろうという検討はつく。現行刑法には、偽造の..
  • 550 販売中 2006/01/28
  • 閲覧(1,709)
  • アメリカ革命
  • (序論)  以下において、アメリカ革命の経過を説明した上で、この革命の歴史的意義について述べることにする。 (本文)  アメリカ革命は、アメリカ独立革命とも言われている。このようにいわれるのは独立と革命の2つの側面を持つ革命だからである。この革命はイギリスの植民地..
  • 550 販売中 2006/01/27
  • 閲覧(2,273) コメント(2)
  • 仲介業
  • 以下において、仲介業としての代理商・仲立人・取次業の特性を検討し、相互の類似点、相違点をまとめる。まず、それぞれの意義などについて述べる。  商人は営業活動を営む上で、単独でこれをすべて行うことは困難であり、さまざまな補助者の労力を利用せざるを得ない。そのさまざ..
  • 550 販売中 2006/01/27
  • 閲覧(1,028) コメント(1)
  • 内的エネルギーと外的エネルギーについて
  • 以下において、地球における炭素循環に与える、内的および外的エネルギーの影響について論じることにする。  生命と地球の環境を維持していくために炭素はもっとも重要な元素のひとつである。炭素は水以外の人体の構成成分の半分を占めており、地球上の大気圏・水圏・地圏・生物圏..
  • 550 販売中 2006/01/27
  • 閲覧(858)
  • 法律婚と内縁
  • (本文)  内縁は、届出がないために法律上は婚姻と認められない。しかし、その実態から婚姻の規定が多く準用される。内縁とは、婚姻意思を持って共同生活を営みながら、届出を欠くために法律上は婚姻と認められない事実上の夫婦関係をいう。内縁はかつて判例上、婚姻の予約として..
  • 550 販売中 2006/01/27
  • 閲覧(2,119)
  • 債権者取消権と債権者代位権
  • (本文)  代位権が、債権者が債務者の権利を代わって行使するものであるのに対し、取消権は債権者が債務者のした財産処分行為を取り消し、その処分行為がなかったことにできるという権利である。代位権も取消権も、一般の債権者に許された債務者への財産処分への干渉なので、自己..
  • 550 販売中 2006/01/27
  • 閲覧(2,229)
  • 指名債権譲渡の対抗要件の構造と二重譲渡の際に発生する諸問題について
  • (本文)  わが国の民法は、債権譲渡についてもフランス民法と同じく対抗要件主義を採用している。指名債権譲渡の対抗要件、つまり第三者対抗要件は、確定日付ある証書による、債務者への通知か債務者による承諾である(民467条2項)。しかし、債務者に対する関係だけならば、確定..
  • 550 販売中 2006/01/27
  • 閲覧(3,588)
  • 日本の律令中央官制における「四等官制度」について
  • (本文)  以下において、日本の律令中央官制における「四等官制度」について説明することにする。  まず、律令制とは何かということを先に述べておくが、律令制とは律令を基本法とする古代日本の中央集権的政治制度およびそれに基づく政治体制のことである。中国の隋・唐の法体..
  • 550 販売中 2006/01/27
  • 閲覧(1,509)
  • 「判例法」、「法律不遡及の原則」
  • 《序論》  以下において、1.「判例法」がわが国における法源としてどのように位置づけられるのか、裁判事例を1つ取り上げて論じる。また、2.「法律不遡及の原則」について、特に「刑法」との関係を中心に説明することにする。  《本文》 ・1について  まず、「法源」とは..
  • 550 販売中 2005/12/07
  • 閲覧(4,538)
  • 法定相続人間の平等を実現するための制度
  • (本文)  民法900〜902条において、法定相続分、指定相続分の規定がなされているが、これらの規定をそのまま適用すると、共同相続人間に不公平を生ずる場合がある。このような不公平を是正するために定められたのが903〜904条に定められた特別受益者の相続分と904条の2に定めら..
  • 550 販売中 2005/12/07
  • 閲覧(837)
  • 手形の偽造者の責任
  • (本文)  まず手形の偽造とはなにかというと、一般に権限なくして他人の名義の署名をもって、手形行為の外形を作り出すことである。他人とは実在人でもよいし、仮設人でも問わない。また手形偽造の方法は新しく偽造手形を作り出すのと、既存の手形の真正な署名を他の名義に改変し..
  • 550 販売中 2005/12/02
  • 閲覧(2,350)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?