連関資料 :: 取締役の責任について

資料:220件

  • 09.実際には経営活動をしていない取締役責任
  • *実際には経営活動をしていない取締役責任  さて、実際には経営活動をしていない取締役の第三者に対する責任についてであるが、これについては最判48年5月22日の事例を挙げて考察する。  本件は、株式会社の代表取締役が独断で業務を執行し、かつ手形を振出したため、会社が倒産して手形が
  • 取締役 責任 経営活動
  • 550 販売中 638001/05/24
  • 閲覧(883)
  • 取締役責任
  • 取締役の行為全てに責任を負わせることは、企業活動の停滞や斬新な経営方法等が行われなくなるなどの弊害を招くこととなる。その防止を目的として「経営判断の原則」がある。経営判断の原則とは、取締役が任務を尽くし、誠実で且つ合理的な経営判断をしたにも拘らず、結果として会社に損害が発生してし
  • レポート 法学 大和銀行 護送船団 大和 取締役 責任
  • 550 販売中 637352/03/09
  • 閲覧(1,029)
  • 取締役責任
  • 会社と取締役は委任の関係にあり(商法254条3項)、取締役は委任者たる会社の受任者として、会社の利益の最大化を目指して行動しなければならない。そのため、取締役は善良な管理者の注意をもって職務を執行しなければならないという義務を負う。さらに、商法は取締役が会社のために忠実に職務を追
  • 取締役 判例 義務 会社法 商法 利益 責任 自己 不法行 大学 レポート
  • 550 販売中 639902/05/28
  • 閲覧(629)
  • 商事法 取締役の利益相反行為について
  • 44条),忠実義務(355条)を負い,取締役会の各取締役の職務執行に対する監督機能(326条2項2号,4項6号)から監督義務を負うので,具体的な法律,定款の規定に違反した場合はもちろん,これらの義務に違反して会社に損害を与えたときは,任務懈怠となり,会社に対して損害を賠償する責任
  • 商事法 取締役 利益相反行為 会社法
  • 550 販売中 638306/02/22
  • 閲覧(1,094)
  • 08.株主代表訴訟の対象となる責任の範囲
  • に真正な所有名義の回復を原因とする所有権移転登記手続をなすべきことをYらに求めた事案である。  本件における両者の争点としては、土地所有権移転登記義務が取締役責任に当たるか否かである。ここで、取締役責任の範囲が論点となる。  本判決は、不動産所有権の真正な登記名義の回復義務に
  • 株主代表訴訟 責任 判例 事例
  • 550 販売中 638001/05/24
  • 閲覧(1,432)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?