dectorさんの資料 / タグ / レポート

資料:11件

  • 資産運用機関の選択基準:年金基金を中心に
  • 年金スポンサーの主要な政策の一つは資産の運用政策であり、運用政策の如何は資産配分とともに運用を委託する運用機関の選択ないし運用機関の構成の巧拙に密接に関わっている。以下では、私が運用機関の選択にあたって留意する点を二点にわたって述べることにしたい。 第一は、運...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,560)
  • 資金循環メカニズムの変革とプライベート・エクイティ市場の活性化
  • オルタナティブ投資とは、株式や債券といった伝統的資産に投資して、その値上がり益や配当収入を期待するといった運用手法と異なる、‘代替的な’投資手法のことである。こうしたオルタナティブ投資の代表例としてはプライベート・エクイティとヘッジファンドが挙げられるが、以下...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,821) コメント(1)
  • オルタナティブ投資とマーケット・ニュートラル
  • オルタナティブ投資とは、株式や債券といった伝統的資産に投資して、その値上がり益や配当収入を期待するといった運用手法と異なる投資手法を指す。つまり、空売り、先物・オプションなどの金融派生商品を活用して、相場の動向にかかわらず収益の確保を目指す運用手法のことである...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,500)
  • 年金資産のグローバル運用における為替リスク課題への対応と為替オーバーレイ
  • 年金スポンサーの資産運用の目的は、短期的な収益の拡大ではなく定められた年金給付を確実に行うことである。そのためには負債側の認識により年金スポンサーの資産運用におけるリスク許容度を明確化する必要があり、資産運用においては、どこまで運用リスクが取れるかを検討する運...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,581)
  • 2003年の春以降の株価回復の評価と今後の展望
  • 1990年代、日本経済の成長率は長期的に停滞し、株価や地価を中心とした資産価格は低落してきた。このことの背景要因は次の2つの側面から捉えられる。すなわち、第一に、ファンダメンタルズの問題としての3つの過剰、すなわち設備、雇用および債務の過剰であり、第二に、株式需給の...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,424)
  • 企業経営からみた年金ALMの意味
  • 1990年代における日本経済の長期低迷は、企業収益を圧迫し、企業の年金負担軽減と運用利回りの向上がミクロ、マクロ両面からの課題となっている。また、1985年以降の年金資産運用の分散化・キャピタル化は、企業に総合的なリスク管理を必要とさせてきた。以上のような年金資金の運...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,238)
  • 1990年代日米経済における設備投資
  • 1990年代、日本経済の成長率は停滞してきた。とりわけ、90年代後半の日本経済の成長率は先進国の中でも最も低い水準にとどまった。他方、米国は1991年以降、2000年にいたるまで一貫して安定した経済成長を遂げた。このように90年代の日米経済には対照的な構造が見て取れるが、背景...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,743)
  • 戦後日本における流通論の展開
  • 戦後日本の流通研究の流れは以下のようであったと捉えられる。後日本の流通研究における基軸として、重要な役割を担った代表的な論者の一人に、森下二次也氏が挙げられる。森下氏の中心的課題は、資本主義における商品流通を、自由競争段階と独占段階の2つの段階に区分し、両段階に...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(5,383) コメント(1)
  • サプライチェーンマネジメントの内容とその具体的事例
  • 1.サプライ・チェーン・マネジメントの内容 サプライ・チェーン・マネジメント(以下、SCMと略す)の起源は、1980年代から90年代始めにかけてのドル高等による米国企業の苦境の中、日用雑貨・食品業界において製造業・卸・小売の会社組織を横断するSCMでスピード経営を実現して生...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(7,208) コメント(4)
  • 情報伝達手段としてのインターネットの技術革新性と市民による有効利用
  • はじめに 本レポートでは、情報通信手段におけるインターネット技術が、それに「技術革新」をもたらした、と規定し、それについて述べたものである。そもそも放送を除けば、通信とは、それが「のろし」であろうと、電話であろうと、1×1(ある特定の人物および、組織から、ある...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(2,051) コメント(1)
  • 地域商業の再生とサステイナブル・コミュニティ
  • 近年の日本の流通政策は大きな転換期を迎えている。98年の「大店法撤廃」とそれに代わる新たな法律として「大店立地法」が制定された。この背景としては、政府が推進する規制緩和や新自由主義路線の影響が大きい。このような政府の政策によって、近年中小小売業やその集積である商...
  • 550 販売中 2005/12/09
  • 閲覧(1,699) コメント(3)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?