資料:6件

  • 人権思想の変遷
  • 人権とは、人間誰しも生まれながらにしてもつ権利の総称だ。民主主義の目的は、この人権が擁護された社会の構築である。そして、時代の変化とともに人権の内容は変化し、複雑化していくこととなった。  古代・中世の伝統社会では、国家は絶対的なものであり、君主の力は無制限であ..
  • 550 販売中 2006/11/10
  • 閲覧(1,533) コメント(1)
  • デモクラシーの基本原理とシステム原理
  • 民主主義、ないし民主政治・民主制と訳されるデモクラシーの歴史は古く、語源は古代のギリシア語である。古代ギリシアのポリスで実際に行われていた政治の仕組みが、 デモクラティアと呼ばれていた。 それは、人民が直接に政治的意志決定を行うという直接参加の政治であった。この..
  • 550 販売中 2006/11/10
  • 閲覧(2,496)
  •   科学技術の発達とその抱える問題
  • 技術革命の発達は、18世紀後半にイギリスで起こった産業革命から始まった。産業革命でもっとも目覚しい発達を遂げたのは繊維部門で、これはイギリスの木綿製品のライバルであったインド産のキャラコに打ち勝つためであったのと、ヨーロッパの需要のみならず市場がグローバルに拡大..
  • 550 販売中 2006/06/20
  • 閲覧(1,494)
  • 抗生物質の抱える問題
  • イギリスの細菌学者フレミングが、実験中に偶然まぎれこんだアオカビから、最初の抗生物質であるペニシリンを発見した物語は「フレミングの神話」と呼ばれるほど有名である。注意深い観察と巧妙な工夫、そして執拗な努力で成功した彼は、実験で使った培養基をすぐには捨てずに、何..
  • 550 販売中 2006/06/13
  • 閲覧(1,339) コメント(1)
  •   遺伝子組み換え食品の問題について、遺伝子組み換えの仕組みとその抱える問題
  • 遺伝子組み換えという異種生物の遺伝子同士をつなぎ合わせ増幅させる技術的基礎は、1968年米国のスミスらが制限酵素を発見したことに始まる。その仕組みを簡単に説明すると、制限酵素はDNA分解酵素の一種で、本来自分のDNAは分解しないが、この酵素はDNAの特定の塩基配列を切断..
  • 550 販売中 2006/06/08
  • 閲覧(1,759) コメント(1)
  • いくつかの国の脳死判定基準の内容とその比較検討
  • いくつかの国の「脳死の判定基準」は現在において、国によって機関によって異なり、また「不可逆性を決定する再検査までの時間」に対する対応も一定ではない。これはひとえに、医学的にも生物学的にも未知の領域が残されている『脳死』を前に、その死は判定はなく解釈に過ぎないと..
  • 550 販売中 2006/01/14
  • 閲覧(3,343) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?