roro413さん累積訪問者(156,536名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:44件

  • 電子回路
  • < 1.帰還発振器 > 1.1 目的   帰還形のLC発振器およびRC発振器の諸特性を理解するとともに、帰還発振の概念を理解する。  1.2 実験結果  1.2.1 LC発振器 (1)Cを20(pF)から560(pF)まで変化させたときの発振周波数の変化と計
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(2,451)
  • 電子回路シュミレポート
  • Ⅰ. 実験の目的 Pspiceを用いて基本的な電気回路、電子回路のシミュレーションを行う。また、トランジスタ増幅回路実験にむけて増幅回路を設計し、シミュレーションを行い設計値と比較、誤差率を求める。シミュレーションを行うことにより電気回路、電子回路の理解を深め
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(5,647)
  • 直流機
  • 1. 直流分巻発電機の実験  1.1 目的   直流分巻発電機の運転およびその性質について考察し、取り扱い方法を習得する。  1.2 原理   直流発電機の誘導起電力E(V)は、   で表せる。pは極の対数、φは1極の磁束(wb)、Nは回転速度
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(7,312)
  • 測定値の処理
  • 1、 目的   (ⅰ)実験結果の統計的な処理 … リレー(継電器)の作動時間を例として確率的に発生する現象を多数回測定し、結果の処理と、正規分布についての理解を深める。   (ⅱ)最小二乗近似 … サーミスタの抵抗の温度依存性を測定し、最小二乗近似を用いて
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(3,410)
  • 集中定数の測定
  • 1.目的 集中定数回路における抵抗、容量、インダクタンスを測定することにより、これらを形成する物質の電気的特性を示す体積抵抗率、表面抵抗率、比誘電率、誘電正接、比透磁率、ヒステリシス損などが求まる。ここでは、直流による低抵抗4端子測定、高抵抗3端子測定および交
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(2,832)
  • 自動制御
  • < 3軸制御ロボット >  1.目的  近年では、コンピュータの普及によりコンピュータを使っての制御が不可欠なものとなっている。その一例として3軸制御ロボットを取り上げる。このロボットはX軸、Y軸、Z軸を持ち、3軸方向に作動するアームとマグネットにより開閉す
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(1,893)
  • 材料及び素子
  • < 光電半導体の特性測定(1) >  1.目的   光電池(太陽電池)、ホトダイオード、ホトトランジスタ及び光導電セルの静特性を測定して、その動作原理を理解すると共にその取り扱いを習熟する。 2.実験方法 (ⅰ) 照度設定のための実験 暗箱の光源の真向かい
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(1,592)
  • 光エレクトロニクス
  • 1.目的   光エレクトロニクスは光学と電子工学の境界領域に生まれた新しい工学分野で、その進展は目覚ましい。光エレクトロニクスの急速な発展はレーザと光ファイバの発明によるところが大きい。レーザ光は、自然光に比べ、高出力で単色性・可干渉性・指向性に優れている。
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(1,840)
  • 交流機
  • <変圧器>   1.目的   最も一般的な電気機器である変圧器の構造及び特性の理解。   2.原理   変圧器は一次側に印加された交流電圧の電圧値を異なった値に変換することを目的としたものである。   下図1.1の様な正弦波交流電圧V1を一次側の端子
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(2,053)
  • 計器の取り扱い
  • 計器の仕組みと取り扱い 1、目的   電気計器を取り扱うための知識は、実験における様々な測定を間違うことなく、円滑に進める上で絶対不可欠である。様々な性質の物質量に対して適切な測定を行うには、それに相応した計測器を正しく使わなければならない。今回は、直流計器
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(5,702)
  • 低気圧グロー放電現象
  • <低気圧グロー放電現象>  1. 実験結果  (1)実験の準備(PREPARATION)   初期圧力 38(Torr)  圧力計を200Torrレンジにした瞬間に、圧力表示は0.1(Torr)になった。時間は計測で きなかったため、さらに二回排気時間
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(2,114)
  • インパルス放電現象
  • <インパルス放電現象>  1. 実験結果 表1:I.Gの動作電圧の上限測定     表2:昇降法のまとめ 電圧(mV) 平均(mV) 101.4 102.6 101.7 標準偏差(mV) 102.2 0.722 102.4 103.0 102.9 1
  • 550 販売中 2008/05/25
  • 閲覧(1,541)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?